image

 

韓流スターのイ・ビョンホンが、ハリウッド映画「ラディアンス」への出演報道と関して、立場を公式発表した。

 

イ・ビョンホンの所属事務所のBHエンターテインメントは29日、「映画『ラディアンス』への出演はまだ決定していない。オファーを受けた作品の中の一つで検討中だ」とコメントした。

 

映画「ラディアンス」は、元特殊要員だった米国大統領夫人が息子を拉致したテロ組織と対決しながら繰り広げられるストーリーを描くハリウッド映画。イ・ビョンホンは、テロ組織の親分役を提案されたと伝えられている。

 

イ・ビョンホンは2009年、映画「G.I.ジョー」でハリウッド進出を果たし、その後も、「ターミネーター:新起動/ジェニシス」「マグニフィセント・セブン」など数々の作品に出演するなど、ハリウッドでも目覚ましい活躍を見せている。

 

(記事提供/THE FACT JAPAN)