image

(写真/Mnet「Stray Kids」放送より)

 

JYPエンターテイメントの新ボーイズグループStray Kidsが視聴者の応援の中、9人全員のデビューを確定した。

 

19日、JYPエンタの次世代アイドルを選抜するリアリティ番組「Stray Kids」の最終回が放送された。生放送で行われたこの日の番組では9人のメンバー全員がこれまで準備したすべてのパフォーマンスや、デビューを確定し感激する姿など躍動感あふれる様子が描かれた。

 

最後の放送のミッションは「7人のStray Kids」と「9人のStray Kids」の対決。JYPエンタの代表パク・チニョンは、9話で脱落したイ・ミンホとフェリックスに最後のチャンスを与えながら、生放送のステージを通じて最終メンバーを決定すると発表した。

 

脱落した後も毎日朝から夜遅くまで練習を続けてきたイ・ミンホとフェリックスは「夢のような最後のステージで、私たちの可能性をお見せしたい」と格別な覚悟で臨み、結局視聴者から96%の圧倒的な応援を受けて、“9人全員のデビュー”の選択を受けた。

 

Stray Kidsのメンバーたちは、番組1話から10話までのすべてのミッションに自作曲を披露した。『Hellevator』を皮切りに、『4419』、『GLOW』、『School Life』、『YAYAYA』、『若い翼』、『Grrr 総量の法則』まで、素晴らしい音楽性と才能を見せつけた。ステージごとに迫力あるラップや安定的なボーカル、キレキレのダンスを完璧に見せ、Stray Kids の未来への期待感を高めた。

 

Stray Kidsは、まだ正確な時期は決まっていないが、来年中に新曲とともに正式にデビューする予定だ。

 

(記事提供/THE FACT JAPAN)