image

 

防弾少年団が11日、韓国・一山にあるKINTEXで行われた「第32回ゴールデンディスクアワード」音盤部門で大賞を受賞した。

 

2014年に同アワードで新人賞を受けた防弾少年団は昨年、ミニアルバム「LOVE YOURSELF 承“Her”」を発表。142万枚の売上で最多売上を記録した。

 

トロフィーを手にしたリーダーのRMは「この貴重な大賞が今年の最初の光になるようだ。すべてはARMY(ファンクラブ)のお陰だ」と涙ながらに感謝の気持ちを表現した。

 

ジミンは「昨年は信じられないことがたくさんあった」とし「デビューの時からここまで来ることができた理由は、何よりもいつも応援し愛してくださったARMYの皆さんがいたからだ。皆さんといつまでも一緒にしたい。本気でありがたいし、今年も素敵な思い出が作られるよう努力していく」と語った。

 

一方、歌手のソン・シギョンと女優のカン・ソラがMCを務めたこの日の「ゴールデンディスクアワード」は、総合編成チャンネルJTBC、ケーブルチャンネルJTBC2、NAVERのライブ配信アプリV LIVEで生中継された。

 

「第32回ゴールデンディスクアワード」音盤部門受賞者

 

■大賞:防弾少年団

■本賞:NU’EST W、MONSTA X、ファン・チヨル、SEVENTEEN、TWICE、GOT7、テヨン、少女時代、EXO、防弾少年団、SUPER JUNIOR

■ベストOST賞:Ailee

■GENIE MUSIC人気賞:EXO

■CeCi Asia Icon賞:EXO、TWICE

■グローバル人気賞:EXO

 

(記事提供/THE FACT JAPAN)