image

 

2013年に公開され、韓国を感動の渦に巻き込んだ映画『マイ・リトル・ヒーロー』が2014年7月、日本で劇場公開されることが決定!

 

本作は、キム・レウォン演じる口達者の三流音楽監督ユ・イルハンが、人生の逆転を狙って参加した国家的事業の大型ミュージカルオーディションで、優勝確率ゼロの少年とパートナになり、不可能な夢に挑戦する過程を描いた感動作。

 

主人公のユ・イルハン役のキム・レウォンにはこれが4年ぶりの映画復帰作だ。イルハンのパートナーとなるフィリピン人と韓国人のハーフの少年ヨングァン役を、スリランカと韓国のハーフ子役チ・デハンが、オーディション番組のADソンヒ役をチョ・アンが演じている。また、韓国でも屈指の人気ミュージカル「スリル・ミー」のイ・シャンソクが演出する大迫力のミュージカルシーンも見どころだ。

 

三流音楽監督と彼の“リトル・ヒーロー”が起こす、奇跡の感動ストーリーは必見!!

 

【キムレウォンのコメント】

4年ぶりの映画でプレッシャーを感じていましたが、シナリオを初めて見た瞬間、なぜか温かい気持ちになって心が動き、愉快だけれど決して軽くないユーモアがあるところも気に入って、この作品への出演を決めました。チ・デハン君という良きパートナーの協力を得て、まっ白なキャンパスに『マイ・リトル・ヒーロー』という素晴らしい作品を描くことができました。日本でも多くの方々に、是非この作品を見ていただきたいです。

 

★2014年7月、シネマート六本木にてロードショー!★

 

―――――――――――――――

【作品情報】

ユ・イルハンは一時は嘱望されたミュージカル監督であったが、演出した大作が失敗に終わって以降は、児童ミュージカルを転々としていた。ある日、再起を夢見る彼にブロードウェイに進出できる一世一代のチャンスが訪れる。それは、ブラインドテストで子役とチームを組み参加する、国家的事業の大型ミュージカル「朝鮮の王」のオーディションだった。彼は天性の歌声を持つヨングァンとパートナーを組むことになるが、ヨングァンは歌以外、容姿やダンスなど何ひとつとりえがなかった。さらに、フィリピン人の母と韓国人の父の間に生まれ、褐色の肌を持つヨングァンは「朝鮮の王」の主役俳優にはなり得ないとイルハンは勝負を諦めるが、ひたむきに努力するヨングァンの姿を見て、全てをかけてオーディションに挑む。しかし、想像を超える大きな妨害が2人を待っていた・・・。

 

監督:キム・ソンフン

出演:キム・レウォン/イ・ソンミン/チョ・アン/イ・グァンス/チ・デハン

2013年韓国公開/韓国映画/上演時間:135分(原題:마이 리틀 히어로

(C)2012 CJ E&M CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED

配給:ポニーキャニオン

――――――――――――――――