image

BIGBANG、2NE1ら所属、韓国大手プロダクションYG ENTERTAINMENTより、12月2日 同社所属の音楽プロデューサーであり伝説のラッパー『MASTA WU』(読み:マスターウー)が6年振りに完全復活。YGが企画する『HIP HOPプロジェクト』第二弾として、彼が新星のラッパー、DOK2、BOBBYとフィーチャリングしている楽曲『COME HERE』が公開され大ヒットしている。

 

YGは先日『HIP HOPプロジェクト』第一弾として、G-DRAGONとSOL(共にBIGBANG)のユニット『GD&TAEYANG』の楽曲『GOOD BOY』を公開し、全世界の注目をかっさらったばかり。彼は韓国ソウルの生まれだが、幼い時代HIP HOPの聖地であるニューヨークに単身渡り、本場の音楽を身体で覚え、身につけた抜群の音楽センスと生み出す言葉の世界観はデビュー以前から熱狂的なヒップホップマニアたちの支持を受け、D.Oアルバムのフィーチャリング、韓国を代表するソロ男性シンガー、ソ・テジのゲストラッパーで活躍するなど新人としては異例でド派手な経歴を持つ。

その後、2003年に1stフルアルバム「Masta Peace」をリリース、独特のラップスタイルでヒップホップシーンに彼ならではの領域を築き、立て続けに実力派ミュージシャンとの共演を果たすなど絶対的な存在感を見せ続けてきた。これまで培ってきたクリエイティブ能力を武器にYGを代表するアーティストのプロデューサーとして、近年ではHI SUHYUNの「I’M DIFFERENT」や2NE1の「GOTTA BE YOU」などの作詞を手がけるなど活躍の場を広げている。

 

そんなレジェンドラッパーの『MASTA WU』が、次世代のヒップホップ文化をリードしているDOK2(読み:ドキ)と、今年、韓国にて放送されたラップサバイバル番組『SHOW ME THE MONEY 3』で優勝し、YGの実力派ニューカマー「iKON」のメンバーである BOBBYとフィーチャリング。楽曲はYG代表プロデューサーであるTeddyとChoice37と共に作曲を手がけるなど、それぞれの異なる個性が詰まった言わば集大成とも言える渾身の楽曲「COME HERE」をリリース。強烈なヒップホップビートと中毒性の強いフック、そのバックグランドにはユニークなシンセサウンドが強い余韻を残し攻撃的かつカリスマ溢れる楽曲に仕上がっている。

 

12月2日 0時の公開と共に韓国を代表する数々の音楽配信チャートのリアルタイムチャート1位を獲得、現在もgenie、Olleh、Mnet、Bugs、Soribada、NAVER MUSICなどで1位をキープしている。同楽曲は日本国内でもiTunes Storeにて購入可能。長い間キャリアを積んできたMASTA WUならではの洗練された楽曲スタイルはヒップホップファンはもちろん、大衆にも新鮮な楽しさを感じさせることは間違いない。

 

———————————

《楽曲情報》

【アーティスト名】『MASTA WU』(読み:マスターウー)

【楽曲名】『COME HERE』

【楽曲配信】12月2日(火) 0時よりiTunes Storeにて楽曲配信スタート。

https://itunes.apple.com/jp/album/iliwabwa-come-here-feat.-dok2/id946856538

【アーティスト説明】

YGプロデューサーの『MASTA WU』。ヒップホップ文化の先駆者であり数多くの実力派アーティストと共演。現在はバックグランンドで楽曲制作をメインに活躍。リリース楽曲『COME HERE』には、そんな彼と次世代カリスマラッパーのDOK2とiKONのBOBBYが参加し話題を集めている。

 

《WEB情報》

【YG ENTERTAINMENT HP】

http://www.ygfamily.com

【YG ENTERTAINMENT OFFICIAL BLOG『YG LIFE』】

http://www.yg-life.com

【YG FAMILY OFFICIAL TWITTER】

https://twitter.com/ygent_official