image

少女時代のメンバー、クォン・ユリが出演する映画『君に泳げ!』の劇中歌唱映像が公開された。

 

解禁された『君に泳げ!』少女時代クォン・ユリ演じるジョンウンの本編演奏シーンは、ソ・イングク演じる自由奔放なウォニルが両手を広げながら坂道を駆け上り、ユリにとって本作で初めてのソロ楽曲となる「BLING BLING」が合わさり、本作の爽やかな青春の雰囲気をさらに演出している。

 

劇中歌「BLING BLING」の歌詞には「時間に追われてお腹を空かせても、心は幸せでいっぱいよ」とあり、まるで本作では食欲旺盛なキャラクターを演じているソ・イングクに対しての歌詞のようにも思わせるが、どのような意味が含まれているのかも興味を引き立てる。また、本作には韓国アイドルグループ「Dal★Shabet」のアヨンが出演しており、ユリ演じるジョンウンのバンドメンバーとして端役ながらフレッシュなスパイスを本作に加えている。

 

カジュアルな格好をし、キュートな笑顔を見せながら初のソロ曲「BLING BLING」を披露している少女時代ユリの姿は、『君に泳げ!』でチェックしよう!

 

『君に泳げ!』ユリ劇中歌唱シーン リンク http://youtu.be/vSfTjGC38SI

 

【STORY】父親からの強烈なプレッシャーと戦いながら、水泳の韓国代表有望選手として活躍する孤高のスイマー、ウサン(イ・ジョンソク)と、“水泳の天才”と将来を嘱望されていたが相次いで両親を失くし、水泳への情熱を失ったウォニル(ソ・イングク)、そしてミュージシャンになる夢を追いかけてバンドデビューを目指すジョンウン(クォン・ユリ)。韓国屈指の体育高校の水泳部で、かつての幼なじみが7年ぶりに再会した。ミュージシャンとして成功する夢を語るジョンウンの飾り気のない眩しさに、ウォニルはいつしか彼女に心魅かれていく。しかし、一方のウサンにとっても、ジョンウンは今も忘れられない初恋の相手だった。オリンピック候補選手の選抜大会の日が近づいていくなか、ウォニルはウサンに挑戦状を叩きつける。「俺が勝ったら、ジョンウンから手を引け」と。オリンピックへの切符は?そしてジョンウンとの恋の行方は?真剣勝負の幕が切って落とされる…!

 

監督:チョ・ヨンソン 脚本:ユ・ヨンア(『7番房の奇跡』『パパロッティ』『ハナ 奇跡の46日間』)、チョ・ヨンソン

出演:イ・ジョンソク(『観相師』「君の声が聞こえる」)、ソ・イングク(「ラブレイン」「応答せよ1997」)、クォン・ユリ(少女時代)、パク・チョルミン

2013年/韓国映画/上映時間118分/スコープ/5.1ch/原題: NO BREATHING 日本語字幕/大塚毅彦

日本版イメージソング「Last Song」歌:ソ・イングク(日本クラウン)

公式HP:http://www.nbcuni.co.jp/movie/sp/oyoge/ 公式LINE@ 君に泳げ!ID:@oyoge-movie

配給:NBCユニバーサル・エンターテイメント

配給協力:アルシネテラン

(C) <NO BREATHING> SPC All Rights Reserved

 

2015年2月28日(土)、シネマート新宿ほか全国ロードショー!

関連タグ: