ドラマ「フルハウスTAKE2」の大ヒットで一躍人気韓流スターの仲間入りを果たし、ビッグスターへの登竜門・東京国際フォーラムAホールでの1stファンミーティングを行ったノ・ミヌ。彼が3年間、思い続けたNEW ROCKスタイルのバンドICONの!stSINGLE ALUBUM SHOWCASEが韓国ソウルAXで7日行われた。

 

会場には韓国、日本、中国、台湾各国からファンが駆けつけ国際色豊かなイベンットになった。すべてのビジュアルイメージをプロデュースしたノ・ミヌは「このために1日2時間しか眠れませんでしたが満足のいくものになりました。でもここからが始まりです。3人のICONの活動をさらに広げていきます」と熱く語った。

 

オープニングソング「ROCKSTAR」のPVは日頃のイベントでも公開されていたノ・ミヌの動画センスの集大成とも言える傑作で会場に詰めかけたファンも大歓声をあげた。今回のライブで特筆すべきはギタリストとしてのノ・ミヌの実力とテクニック。アコースティックギターでチョッパーを交えたインパクトの高い奏法で強いビートをたたき出すスタイルは、今までのギタリストとは一戦を画す本格的なもの。これからのライブ活動では、クラブスタイルとロックスタイルが融合した全く新しいスタイルを追求すると宣言。新たな音楽の誕生を予感させるものだった。

 

イベントではX japanのYOSHIKIからのシークレットメッセージが流されノ・ミヌが思わず涙ぐむ姿も。会場に詰めかけたファンだけでなく世界中のファンへと贈られた最高のメッセージとなった。今回のイベントの模様は、この「ロックアウトサランバン」にて再度イベント写真とレポートの公開を行います。ご期待ください!