image

 

やるわねヒョナ。実力を再確認!韓国でSEXYの代名詞と言えば、4minuteのヒョナ!そんなヒョナがソロでカムバック。ヒョナったら4minuteにトラブルメーカー、そしてソロ活動までしてかなり大忙し!!しかし、ヒョナはヒョナだから、どこで活動していたって、ヒョナな訳なんですけど。(笑)つまり、ヒョナってしっかり自分のワールドがある!って言うこと。

 

今回ももちろんSEXY感たっぷりのヒョナワールド全開なんだけど、今までとちょっと違う部分も!それは、遊び心もいっぱいで面白い曲ってこと。この遊び心ってのが、E美的にはビックリだったし、ヒョナの本当の実力を見せつけられた感じでした。

 

「サルのおしりと言えば赤い、赤と言えばヒョナ、ヒョナと言えば?」というサビの部分の歌詞なんて、そんな遊び心の一番の現れかな。最初聞いた時は、かなりびっくりしましたけど。「何この歌詞、ふざけてるの?」って(笑)今回、ヒョナはアルバムのプロデュースにかなり関わっているみたいで、この『赤いです』もヒョナの意見がたくさん入っているとか。サルの歌詞もまさにヒョナの意見なんだって。

 

でも、この一見ふざけてる?!という歌詞ですら、それをヒョナワールドに仕上げられるっていうのが彼女の実力ですよね。この曲はきっとヒョナが歌わなかったらまったーーく全然印象が変わっちゃうんだろうなって思う。けっこう問題作になっちゃいかねない。『赤いです』では、『ヒョナ』っていうのを全面的に押しだしてて、『ヒョナ』が一つのブランドになっている。赤といえば、ヒョナってなるのもすごい事だけど、実際、ヒョナのイメージって赤かも。赤というカラーすらも、すっかりヒョナのものにしてしまっているんだから、さすが。

 

黒髪であの赤リップがこんなに似合う子もいないよね。色が白いし、素敵すぎる。E美よりずいぶん年下だけど、憧れちゃう(笑)E美が思っていた以上に、ヒョナワールドってのは確立してるし、それだけの実力がある子なんだなーと思わされた1曲となりました。

 

夏にぴったりのキャッチーで一回聞くとなかなか頭を離れない楽しい曲。ダンスもサルダンスというヒョナからはかけ離れた感じのダンスだけど、ヒョナが踊ればなんかSEXYダンスに見えるからね。ヒョナったら本当にすごいですわね!

 

 

Hyuna(4minute) 『RED』

MV

https://www.youtube.com/watch?v=oTXCgR93zC8

ステージ

https://www.youtube.com/watch?v=7rvHKYGOsDA