image

‘13年、韓国の大手芸能事務所YGエンターテイメントからBIGBANG以来、約8年ぶりに新人ボーイズグループ“WINNER”が誕生!同じ練習生のBチームとデビューをかけて戦ったサバイバル番組『WIN: WHO IS NEXT』は、日本でも放送され大きな話題を呼んだ。昨年の12月、BIGBANGの6大ドームツアーに参加中の彼らに直撃。メンバーは初のステージで何を感じたのか!?正式デビュー直前にインタビュー全文を掲載!

(※インタビュー日:2013年12月21日

 

ナム・テヒョン(Nam Taehyun/20)

メインボーカル。高音が得意。意見をしっかり発言するため、チーム最年少だがマンネ(末っ子)らしさはあまりない。しかし八の字に下がった眉毛がやはり愛らしい印象を与える。

 

― 東京ドームはどうでしたか?

一言で表すと、とても愛おしかった。彼女が甘えてきたらとても愛らしいじゃないですか。そういうような感じでとても良かったです。これからもっと成長して、偉大でかっこいいWINNERになって東京ドームに戻ってきたいです。

 

-なるほど。WINNERの初ステージは11月16日の西武ドームでしたね。

これほど大きなステージは初めてだったので難しかったです。常に不安を抱えながらも、舞台に立った瞬間は涙が出そうになるくらいとても幸せでした。周りの人や両親への感謝の気持ちもこみ上げてきて・・・。ただ、一番最初のステージはぎこちなかったと思います(笑)

 

-『WIN:WHO IS NEXT』が発表されたとき、まず何を思いましたか?

同じ練習を繰り返すだけの毎日だったので、何かが始まることにドキドキしました。だけど、一緒に練習している仲間と戦わなければならないことが苦しかった。相手のBチームと仲良くしていても、お互い心の中では気をつかっていたと思います。

(スンユン:全員同じ気持ちです。)

 

-同番組中、特に印象的だった出来事は?

海兵隊キャンプ!メンバー全員で同じ鍋のラーメンをつついて食べたことが一番記憶に残っていますね。

 

-ファイナルステージの結果発表でAチームと呼ばれたときの感想を教えてください。

「WINNERはAチームです!」と言ってくれた司会のBIGBANGのD-LITE先輩をさらに好きになりました。(笑)

 

―最年長メンバーのジヌさんについて紹介してください。

ジヌ兄さんは一番歳上ですが、末っ子っぽい一面があります。スンユン兄さんと僕は気分の上がり下がりがあるタイプだけれど、ジヌ兄さんはいつも優しい。僕たちをまとめてくれるメンバーです。

(スンユン:そしてWINNERのビジュアル担当!)

 

―共同生活のなかで、テヒョンさんはラーメンとキムチ担当だとスンフンさんから聞きました。

僕がよくラーメンを作るのですが・・・それって担当なのかな?(笑)

 

-日本に来て覚えた言葉はありますか?

「大嫌い」。大好きという言葉は知っていたのですが、大嫌いという言葉があるのは知らなかったので新発見でした。

 

-『WIN』につづいて放送された『WINNER TV』の見どころを教えて下さい。

正直な番組。素の僕たちを観ることができます。メンバーがどんな考えを持っているのか、どんな日常生活を過ごしているのか・・・それぞれの性格もよく表れていると思います。

 

-今後、個人的な目標はありますか?

メンバー全員が成功して、幸せに暮らしていけたらそれだけでいいです。

(全員:拍手)

 

 

関連タグ: