超新星のグァンス(26)とゴニル(26)がダブルキャストで主演を務める韓国ミュージカル『RUN TO YOU~俺たちのストリートライフ~』東京公演が1月15日に開幕し、上演前の会見にキャスト陣が登場した。

 

韓国の人気グループ「DJ DOC」のヒット曲にのせて描かれる、音楽にかける若者たちの青春ストーリー。日本では2012年に大阪松竹座で上演され、グァンスとゴニルは東京公演で2回目の主演となる。

 

この日出席したゴニルはいきなり日本語で「今日から始まりますが、緊張感が半端じゃない」と挨拶し、会場からは笑いが。「前回の公演で感じた不安や心配がないよう役作りをしてきた」と意気込みを語り、「観た人が『夢を持っていた時期があった』と思える作品。僕にとっては、今しかできない作品です」と熱くアピールした。

 

後半の日程に出演するグァンスとは頻繁に役作りの相談をしているといい、この日もメールのやりとりを。「グァンス君は昨日、新年会で友達と飲んだそうで、『うらやましいね』と返信しました。僕はダンスの練習で足が痛かった……」と悔しそうに明かした。

 

ほかのメンバーについては「ユナク君は日本にいるので観にきてくれるかも。ソンジェ君からは『行けないけど、頑張って』とメールが。ソンモ君とジヒョク君は韓国で仕事があって、『グァンス君の公演なら行けるかもしれない』と言われました」と寂しそうに話し、笑いを誘っていた。

 

韓国ミュージカル『RUN TO YOU~俺たちのストリートライフ~』は東京・六本木のアミューズ・ミュージカルシアターにて1月15日から2月2日まで(全24回公演)。

 

(撮影/夛留見 彩)

関連タグ: