image

 

4月5日(土)、Girl’s Dayが都内で『Girl’s Day 2014 Spring Fan Meeting「something!」』を行った。

 

2014年1月に発表した『Something』で各種音楽順位番組の1位を総なめした彼女たち。前回のクリスマス公演以来の来日であり、まさに“新女王”になって戻ってきた。

image

公演は1位達成の瞬間をまとめたVTRでスタートした。会場からは温かい拍手が起こり、訪れたファン全員が改めて当時の喜びを分かち合っていた。その後、Girl’s Dayが登場し、まさに女王へと導いた楽曲『Something』を披露。会場には熱い掛け声が響き、ボルテージは一気に上昇した。

 

メンバーひとりずつ挨拶をする度に女性ファンから「カワイイー!」と声が上がる。女性からも憧れ、愛されるGirl’s Dayは、つづけて『Show You』を唱歌。先ほどまでとは打って変わって、優しく、そして嬉しそうにファンを見つめる彼女たち。手を伸ばし、ハイタッチをするなどファンとの交流を楽しんだ。

 

トークでは日本語と韓国語について話が及んだ。「韓国で金曜日は燃える金曜日(ブルクム)と言うけれど日本でも似た言葉はありますか?」と質問したミナは、ファンからの「花金~!」と返事を聞いて「花の金曜日!?キレイ!じゃあ今日は花土!」とニコニコ。他のメンバーも一緒に「花土!花土!」とはしゃいでいた。

 

公演前に行われた会見で、ファンにプレゼントをしたいと話していたGirl’s Day 。公演中には、メンバーが直接選んだ品物を抽選で当たった4人のファンにプレゼント!嬉しさのあまり泣き出してしまう女性ファンも出るほどだった。そんなファンをメンバー全員で笑わせてあげようと愛嬌をみせるなど、ファンを大切にする温かい場面も。

 

その後は『女子大統領』、『Hug Me Once』、『Twinkkle Twinkkle』を披露。会場の熱気は頂点に達し、予定にはなかったダブルアンコ―ルも行われた。

image

『Something』で始まり、『Something』で幕を閉じた今回のファンミーティング。彼女たちの魅力はセクシーだけではない。可愛さ、かっこよさ、純粋さ、活発さ、全てが絶妙なバランスで融合している。男性の心をくすぐり、女性が憧れる女性像のGirl’s Day。デビューから4年、積み重ねてきた経験を武器に彼女たちはさらに強く輝いていくことだろう。