ソ・イングク(27)の最新主演ドラマ『王の顔』のDVDが10月21日(水)にリリース。韓国の歴史に実在した人物の波乱万丈の人生を、精悍なルックスとカリスマ性で演じ切ったソ・イングクは本作で演技大賞新人賞を受賞。朝鮮王朝中期の第14代王・宣祖の次男で、第15代王の座に就いた光海君。史実では暴君として廃位されたが、現代における歴史評価は高く、光海君が名君だったという新解釈で描かれる物語も少なくない。今作はでは、顔からその人の運勢や性格を読み取る「観相」を武器に、多くの苦難を乗り越え、王となった光海君が描かれた。

 

「王となるべく人の基準を観相で決めるというテーマが面白いですよね。僕自身は、人の顔を見るとき、最初に目元、その後に口元を見て、明るい人かな? とか想像します(笑)。(女性の場合も?)はい。それは男性でも女性でも同じですね」
 初めての時代劇で、乗馬や殺陣など、本格的なアクションにも挑戦した。

 

「僕が演じた光海君は、聡明で先見の明があるし、問題に直面したときにほかの誰も思いつかないような方法で解決をしていく。そういう姿を演じて、僕自身も大きく成長できたのかなあと思います。これまでも、この時代を扱った作品はありましたが、光海君が王になるまでの成長物語を描いたのは斬新ですね。ドラマの序盤、書庫で盗賊と戦うシーンは、ワイヤーアクションに挑戦しました。時間もたくさんかかりましたし、体力的にも大変でした」

 

歌手活動と並行してドラマ『主君の太陽』、映画『ノーブレッシング〜君に泳げ〜』などの話題作に出演し、役者として着実に成長してきたソ・イングク。完璧な朝鮮王朝のイケメンに扮した彼は、“美しすぎるキス顔”で女性たちを虜にした。初恋相手のカヒ役のチョ・ユニさんの印象は?

「とてもよかったですよ。例えて言えば、子犬みたいな人でした。あるときは、お姉さんのようにリードもしてくださいましたし、あるときは、友達のように、本当に気の置けない関係で。そして、またあるときは、妹のようになってちゃんと僕がリードできるようにしてくださることもあり、演技の息もぴったり合いましたので楽しく撮影に臨めました」

image


DVD発売情報:
『王の顔』
<レンタル>
DVD Vol.1~Vol.6はレンタル中 Vol.7~Vol.12は11月4日からレンタル開始
<セル>
DVD-BOX1、BOX-2ともに10月21日(水)発売
価格:各24,624円(税込み)
発売元:㈱デジタルアドベンチャー/㈱ワコー
販売元:㈱ポニーキャニオン
Licensed by KBS Media Ltd. (C)2014 The King’s Face SPC. All rights reserved