image

 

29日韓国オンラインサイトOSENでは、韓国新人グループSEVENTEENが2015年デビューした新人アイドルの中で、アルバム販売数が最多を記録したと伝えた。

国内だけでなく海外でも人気が高いSEVENTEEN。作詞・作曲、振付けまですべてメンバーが行うという“セルフプロデュース”を特徴としており、13名という人数だけではなく、レベルの高いパフォーマンスとルックスも兼ね備えたグループだ。

韓国の音楽チャートgaonが公開した年間アルバム販売チャートによるとSEVENTEENは2015年9月に発売した2ndミニアルバム『BOYS BE』で12万1045枚の販売数を記録。これは2015年デビューした新人グループの中で最も好成績であり、アイドルグループEXOや防弾少年団、SHINeeに継くランキングだという。

新人グループがデビュー3か月で10万枚以上の販売数を記録するのは非常に異例的なことであり、またSEVENTEENは5月に発表したデビューアルバム『17 CARAT』も5万1301枚の売上を記録。2枚のアルバムで計17万枚の販売数を達成したという。

今月24~26日と龍山アートホールで開催された初コンサートもプレミアムチケットとなり、大きな反響となった。また、本誌インタビューでSEVENTEENは2015年の目標に“新人賞の獲得”と答えていたが新人グループ販売数No,1という大きなタイトルを獲得した。

(写真/Pledis Entertainment)

関連タグ: