image

韓国の5人組アイドルグループ、B1A4が1月31日、グランキューブ大阪にて『B1A4 JAPAN TOUR 2016 “The Great World of B1A4”』のファイナル公演を行い、1ヵ月に及ぶツアーを完走した。ここでは、1月13日にNHKホールで行われた東京公演の様子をレポート。この日はアンコールを含む全21曲を熱唱した。

オープニング映像では、小人になったメンバーが等身大の姿に戻るために必要なものを探しにいくストーリーが描かれ、割れんばかりの歓声を浴びながらステージ上段から登場したB1A4。初の日本オリジナルシングル『白いキセキ』で公演をスタートさせた。

「HAPPY NEW YEAR!」と挨拶した後、「みんな元気だった?」(シヌゥ)、「一年の始まりをBANA(ファンの総称)と迎えられて嬉しいです。2016年も間違いなく、絶対に、いい年にしましょうね!」(ジニョン)とファンとの再会を喜んだ。

image

image

実は、日本デビューしたばかりの’12年に音楽番組の収録でNHKホールに立ったことがあるB1A4。4年越しの単独公演とあって、感慨深そうに「僕たち変わったかな?」とファンに問いかけるサンドゥル。するとシヌゥが「サンドゥルはちょっと大きくなっちゃったね。ダイエットした方がいいんじゃない?」と返し、会場を笑いの渦に巻き込んだ。

image

笑い溢れるトークの後は『Beautiful Target』、『イゲムスンイリヤ~なんで? どうして?』で再び会場の熱をあげていく。

サンドゥルが「もっと熱くなってほしいけど、ここで違う世界をお見せします」と言うと、ステージが暗転。階段やセットに腰掛けたメンバーがひとりずつ甘く切ないセリフで会場を包み込み、冬にぴったりのバラード曲『Wait』を唱歌した。5分前とは180度異なる世界観にファンも静かに聞き惚れていた。

その後、カジュアルな衣装へ着替え、昨年11月に発表された日本最新曲『HAPPY DAYS』や『You Are a Girl I Am a Boy』、『LONELY』と披露。

image

image

あっという間に時間は過ぎ、公演も終盤へ。「いつも皆さんは僕の心にいます。ご飯を食べるときも、朝目覚めたときも、いつも皆さんが一番です。愛してる!」(ゴンチャン)、「デビューから今まで毎日幸せです。永遠に頑張ります!すぐにカムバックするので少し待っててね!」(バロ)と語るなか、シヌゥは「等身大のB1A4でいるために必要なもの、それはBANAの皆さんです!」と公演のテーマの答えを感謝いっぱいに述べた。

B1A4は同ツアーで6都市、全9公演を行い約2万人を動員した。

【セットリスト】
1.白いキセキ
2.IF・・・君さえいれば(日本語版)
3.Love is Magic
4.SOLO DAY(日本語版)
5.おやすみ good night(日本語版)
6.Beautiful Target(日本語版)
7.イゲムスンイリヤ~なんで? どうして?
8.O.K
9.Wait
10.サラングテン
11.Believe in Love
12.HAPPY DAYS
13.イェッポ
14.You Are a Girl I Am a Boy
15.Sweet Girl
16.LONELY
17.Beautiful Lie
18.Only One(日本語版)
19.IN THE AIR
20.ムルハンジャン
21.WHO AM I

関連タグ: