image
(写真/写真:第20回富川国際ファンタスティック映画祭、Tree J Company)

俳優チャン・グンソクが監督として「富川国際ファンタスティック映画祭」のGV(観客との対話)とオープントークに出席する。

 

主演ドラマ「テバク」の放送終了以来、アジアツアーの真っ最中であるチャン・グンソクは、演出作「偉大な遺産」のために来る26日、同映画の上映後に行われる観客との対話と野外舞台で繰り広げられる“ファンタスティックオープントーク”を通じて、観客らとの真率な対話と疎通に臨む。

 

「第20回富川国際ファンタスティック映画祭」のファンタスティック短編傑作選の上映作に選ばれた「偉大な遺産」は、現在漢陽大学校大学院に在学中であるチャン・グンソクが、昨年下半期に学友たちと一緒に作った作品だ。

 

映画は、通帳だけを残し、意識を失った父親と、その通帳に執着する無心な息子の物語を描いた作品で、監督チャン・グンソクの演出力に期待が高まっている。

 

今月14日から予約チケット販売が始まり、チャン・グンソクの映画が上映される「ファンタスティック短編傑作選11」はすべて完売される人気を実感させた。何よりチャン・グンソクが映画監督として初めて韓国映画祭の公式イベントに招待されただけに、国内外のファンから熱い関心が寄せられている状況。

 

それだけに、チャン・グンソクが自身の映画「偉大な遺産」を観覧した観客らとどのような対話を交わすのかにも注目が集まる。また、普段映画に対する愛情が格別なチャン・グンソクが、この機会を土台に今後どのような歩みをみせるのかも期待されるところだ。

 

関係者は、「チャン・グンソクが観客との対話を楽しみにしている。学友たちとともに心血を注いで作った作品なので、たくさんの方々にお見せすることを大変嬉しく思っている。映画についてより意味深い対話を交わせる時間になってほしい」と伝えた。

 

「第20回富川国際ファンタスティック映画祭」は7月21日~31日まで行われる。

 

(記事提供/THE FACT JAPAN)
http://www.sportsseoul.jp/