image
(写真/THE FACT DB)

光復節(8月15日:韓国の独立記念日)の前日、自分のSNSに旭日旗の模様を使った絵文字を入れた写真で議論を巻き起こした少女時代のメンバー・ティファニーが、レギュラーを務めるKBS2TVバラエティ「お姉さんたちのスラムダンク」から降板することが決定しているなか、SMエンターテインメントが公式立場を伝えた。

 

SMは18日午後、報道資料を通じて、「番組側と論議し、ティファニーは降板することとなりました。彼女は光復節に旭日旗の模様が入った文章をSNSに上げたことについて、深く反省しています。これに弊社も、このようなことが繰り返さないよう、再発防止のために最善を尽くします。たくさんの方々にご心配をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます」と述べた。

 

これに先立ち、「お姉さんたちのスラムダンク」の制作陣は、ティファニーをめぐる議論に対して公式立場を明かしていた。制作陣は、「今回の問題に関して論議し、協議の結果、議論になっている内容が国民の情緒に与える影響について共感し、最終的にティファニーさんの降板が決まった」と伝えた。

 

(記事提供/THE FACT JAPAN)
http://www.sportsseoul.jp/