image

歌手G-DRAGONのプライベートSNSが流出され、プライバシーの侵害に苦しんでいると韓国メディアが伝えている。18日、G-DRAGONのプライベートSNSの写真が公開され、日本のモデル兼女優の小松菜奈との熱愛説が流れたのだ。

 

これに対し、G-DRAGONの所属事務所YGエンターテイメント側は「所属アーティストの私生活であるため、確認するのは難しい」と慎重な立場を伝えた。

 

韓国国内では彼の熱愛説よりも、その原因となったプライベートSNSアカウントの公開による「プライバシーの侵害」が一層注目を集めている。アカウントの流出経路については明確にされなかったが、人の手によるものであれば明らかにプライバシーの侵害であり犯罪となる。G-DRAGONが芸能人であり公人という立場であることを考慮しても、決して許されるべきものではないだろう。

 

芸能人のプライバシー侵害の事例は、これだけではない。現在、公開恋愛中のEXOのカイとf(x)のクリスタルもまた、カフェでのデート中の姿が収められたCCTVが出回ったことがある。これを拡散した本人がSNSを介して謝罪文を上げたことで、事件は一段落した。

 

さらにソン・ジュンギもまた『太陽の末裔』での記者会見の際、「過去に付き合っていた一般人のガールフレンドの写真がまだ流れている。配慮していただきたい」と訴えたことがあったという。

 

アイドル、俳優の恋愛、デート、私生活などが気になる心理を否定することはできない。しかし、芸能人も公人である前に人間である。芸能人の相次ぐプライバシーの侵害について改めて考えるべきであると、韓国メディアは伝えている。