image

チーム解散を発表したガールズグループRAINBOWが最後の旅を計画していることがわかった。

 

韓国メディアによると、RAINBOWのメンバー全員は所属事務所との専属契約が終了する直前、タイ・バンコクに旅行する計画だ。チーム解散前の最後の旅となり、注目を集める。RAINBOW は来月11日にバンコクに行き、約10日間に渡って現地を旅行しながら、RAINBOWとしての最後の思い出を作る予定だ。

 

一方、今月28日、所属事務所のDSPメディアは、「DSPの所属アーティストとして長い時間をともにしてきたRAINBOWのキム・ジェギョン、コ・ウリ、キム・ジスク、ノ・ウル、オ・スンア、チョン・ユネ、チョ・ヒョニョンと、今後の活動について十分に話しましたが、残念ながら各自の道を歩むことと決定しました」と解散を発表した。

 

2009年11月、1stミニアルバム「Gossip Girl」でデビューしたRAINBOWは、KARAを継ぐガールズグループとして注目を集めた。10年に発表したデジタルシングル「A」「Mach」の2曲が連続ヒット。11年には2ndミニアルバム「SO女」を発表し、タイトル曲『To Me』は音楽番組や音源チャートでトップを飾る大ヒットを収めた。同9月には「A」JAPANESE ver.で日本デビューを果たした。

 

(記事提供/THE FACT JAPAN)
http://www.thefactjp.com/

関連タグ: