image

(写真:THA FACT JAPAN)

 

韓国出身グループとして初めて『ビルボード・ミュージック・アワード』の授賞式に参加し、『トップ・ソーシャル・アーティスト賞』を受賞した男性グループ・防弾少年団が18日、韓国でニューアルバム『LOVE YOURSELF 承“Her”』の発売記念記者会見を行った。

 

約7カ月ぶりの新曲となる今回のアルバムは、『LOVE YOURSELF』シリーズの第1弾で、“愛”をテーマに、青春の初々しい少年たちの姿を描いているという。1カ月前からYouTubeの公式チャンネルで公開されてきた7本のティーザー映像はすべて600万回~2,500万回の再生回数を記録しており、その注目度の高さがうかがえる。

 

リーダーのRAP MONSTERは、「起承転結の承にあたるアルバムで11曲収録されている。僕たちにとってひとつのターニングポイントになる作品になりそうだ。ここからが本当の始まりではないかと思っている」とカムバックする心境を語った。

 

今作のリード曲である『DNA』はEDMポップジャンルの楽曲で、SUGAは「足の裏にガムがついたような踊り」(SUGA)が振り付けのポイントをアピール。

 

また、ビルボードの全米シングルチャートで1年間トップ10にランクインするという偉業を成し遂げたアメリカの人気デュオ「ザ・チェインスモーカーズ」とのコラボ曲が収録されていることでも大きな話題を呼んでいる。

 

いまやアジアだけでなく世界のライジングスターへと成長した防弾少年団。今作は先行売上ですでに100万枚を突破しており、韓国国内の音楽授賞式への期待も高まるなか「どこまでいけるか気になります。PSYさんのように歴史に残る記録を残すことが目標です」と意気込みを見せている。

 

ファンたちは「待ちきれなくてうずうずする!」「かっこよすぎて心臓痛い」「MV見たけど最高すぎ!」と熱い反応を寄せている。