【特報】1971年毒ガス2次移送の道路建設費 米が全額負担を検討  高等弁務官が提案
毒ガスの第1次移送時の(左から)屋良朝苗琉球政府主席、ランパート高等弁務官、高瀬侍郎沖縄大使=1971年1月13日、石川市(現うるま市)東恩納(国吉和夫氏撮影) 画像を見る

【中部】1971年7~9月に実施された米軍知花弾薬庫(現嘉手納弾薬庫地区)からの毒ガス兵器2次移送のため、日本政府が最終的に肩代わりした道路建設費20万ドル(約7200万円)について、米側が全額負担を検討していたことが分かった。米陸軍省の公電に記されていた。文書は71年2月12日付で、在沖米軍最高責任者のランパート高等弁務官が米国務省や駐日大使などに宛てた。米国民政府の...

関連カテゴリー:
関連タグ: