沖縄158店舗が時短に応じず 県は連休明けにも命令、店名公表へ
画像を見る

沖縄県は3日、新型コロナウイルス感染拡大に伴い県内全域の飲食店に出した営業時間短縮要請について、1万299店舗を巡回し、約2%の211店舗が応じていないことを確認したと明らかにした。このうち「まん延防止等重点措置」(重点措置)の指定地域となっている10市5町では応じていない店舗が158あり、県は早ければ連休明けにも時短を守るよう命令を出し、店名を公表する方向で準備を進め...

【関連画像】

関連カテゴリー: