国際通り入口の「おきなわ屋」がコロナで閉店 18年間の営業に幕
国際通り入り口の一等地に立地するおきなわ屋泡盛蔵スクランブル交差店=14日、那覇市松尾 画像を見る

那覇市久茂地のスクランブル交差点沿いに立地していた「おきなわ屋泡盛蔵 スクランブル交差店」が、4月末で閉店した。2003年の開店から18年間、お菓子や泡盛、ご当地グッズなどの土産品を販売してきた。長期化する新型コロナウイルスの影響で客足が戻らず、売り上げはコロナ前の8~9割減となっていた。那覇市内でも一等地で、家賃負担が重くなっていた。コロナ禍で休業や時短営業を繰り返し...

【関連画像】

関連カテゴリー: