子育てカラス、児童ら襲い転倒者も…名護博物館敷地 規定で駆除困難
巣の近くで周囲を警戒するカラス=28日、名護市東江 画像を見る

【名護】名護市の名護博物館の敷地内にある木に、繁殖期を迎えたカラスが巣を作り、道行く人を威嚇、けがをさせるなど被害が相次いでいる。小中学生の通学路ではカラスに襲われ、自転車ごと転倒した子どももいたという。博物館は、近隣住民に巣に近づかないよう看板を立てるなど対策している。   カラスの巣は4月ごろに確認され、現在は3羽のひながいる。つがいのカラスが...

【関連画像】

関連カテゴリー:
関連タグ: