柴田倫世 米国子育ての誤算「娘が日本語を話せない…」

投稿日: 2014年06月05日 07:00 JST

「3人の子どもたちをボストンの町で育てたい。そして、この子たちには将来、国際人として世界中を飛び回ってほしいの……」と、日本から訪れた友人に、自身の子育てについてこう話していたという元・日本テレビアナウンサーの柴田倫世(39)。

 5月25日、ニューヨーク・メッツ所属の夫・松坂大輔投手(33)は今季初先発で2勝目を挙げた。彼は現在、3人の子どもたちと離れ、ニューヨークで単身赴任生活を送っている。

 ’07年のボストン移住当初は2歳だった長女は8歳。その後、アメリカで生まれた6歳の長男、4歳の次女とともに、それぞれボストン市内にある名門私立校に通っている。松坂がニューヨークへの単身赴任を決めた一因には、夫人の教育方針があった。

「ボストンにはハーバード大学やマサチューセッツ工科大学をはじめ、名門大学が数多くあり、全米で一番といわれるくらい教育制度が充実しています。子どもたちの年間の学費は1人あたり約400万円と高額ですが、親たちも教育熱心で、教育環境としてはこの上ない水準です。ボストンで子育てを続けたい倫世夫人は、夫と一緒にニューヨークに行くことを拒んだそうですね」(現地在住ジャーナリスト)

 離れて暮らす家族の約束事は、1日1回、スカイプでその日の出来事を話し合うことだという。家族内での会話はすべて日本語で行うのが、松坂家のルール。

「アメリカに渡った後、3人の子どもたちが通う学校などでの日常会話は、すべて英語。そのため自然と日本語よりも英語で話す機会が多くなります。倫世夫人は、日本語を忘れないように、家族でいるときは必ず日本語で話すようにと、子どもたちに言い聞かせているそうです」(大リーグ関係者)

 国際的な日本人になってほしいーー。だが母の、3人の子どもたちへの「米国教育」には、思わぬ誤算もあった。

「とくに8歳の長女は、家に帰っても慣れない日本語より、英語で話すことが多くなってしまったそうです。このままでは“子どもたちが日本語を話せなくなる……”と悩んでいるそうです。3人の子どもたちには日本語教室に週1回通わせて、日本語で会話する機会を増やそうとしているみたいです」(別の大リーグ関係者)

【関連記事】

柴田倫世 クビ危機の松坂大輔に「帰国は厳禁の鬼嫁指令」

キャサリン妃「私も母乳で…」“ダイアナ流”子育ての決意
ガガ、ジョブス、ケネディ…天才の母の子育てに「共通点」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング