アンジェリーナ・ジョリーがブラッド・ピットを見限った理由とは──離婚劇の裏側

投稿日: 2016年09月21日 10:00 JST

image
写真:ロイター/アフロ

アンジェリーナ・ジョリー(41)がブラッド・ピット(52)との離婚に踏み切ったというニュースが世界を席巻している。表向きの原因は「6人の子どもたちに関することについての和解しがたい意見の食い違い」とのことだが、その裏にはやはり”第三者”の影があったようだ。

 

「ブラッドと彼女の関係を疑ったアンジェリーナは私立探偵を雇って調べさせていました。結果はクロ。これが決定打でしたね」

 

関係者がPageSixに語った裏事情に登場する”彼女”とは、フランス人女優マリオン・コティヤール(40)だ。今年1月にクランクインした映画『Allied』(11月23日米国公開)で共演したÍピットとコティヤールは、撮影中に急接近。

 

また、深刻な”中年の危機”のまっただ中にあるというピットは、撮影で家族と離れているときは夜ごとコールガールを呼んでパーティを開き、ドラッグ漬けになっていたという。まるで独身時代に戻ったようにハメを外す夫の素行と、それについて口論することに嫌気が差していたというジョリーが、コティヤールとの浮気でいよいよ決断を下した、という形だ。

 

コティヤールは結婚はしていないものの、フランス人映画俳優・監督のギヨーム・カネと事実婚状態にあり、2011年には長男を出産している。当然、コティヤールの関係者はピットとの浮気を否定し、カネ一筋であることを強調した。

 

こういった直接的な原因のほかに、2人の仲に徐々に亀裂を入れていったのが仕事に対する姿勢の違いだ。『Mr.& Mrs.スミス』の共演交際を始めた2人は、同業者としてお互いの仕事に理解を持っていた。しかし、『トゥームレイダー』の撮影で訪れたカンボジアで、戦争難民となった子どもたちと触れ合ったことをきっかけに難民支援に携わるようになったジョリーは、俳優業よりも慈善活動に重きを置くようになっていった。シリア難民問題にも積極的に取り組み、先週もマンハッタンの国連本部でスピーチをしたばかりだ。ハリウッドを離れて人道的活動に精力を注ぎたいジョリーに対し、ピットは映画づくりに人生を捧げている。世界一有名なおしどり夫婦は、目指すものがいつしか違ってしまっていたのだ。

 

ジョリーは19日に離婚を申請、ピットはPeople誌に「とても悲しい。でも今、最も重要なことは子どもたちの幸せだ。今は変化の時。どうか子どもたちをそっとしておいてほしい」とコメント。ジョリーは単独親権を要求している。

【関連記事】

アンジー&ブラピ、手書きのラブレターを送り合っていると明かす

アンジーがブラピに贈った2700万円の結婚記念のプレセントとは?
アンジー 報道を完全否定「引退するつもりはありません」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング