注目ブレーク脇役「夏目雅子さんとお風呂入ったことある」

投稿日: 2016年09月19日 06:00 JST

image

「これまでと全然違う役をやれるのは楽しい。30代は舞台を中心にやってきて、それを見てくれていた人が『こういう役をやらそうと思はるのか』ということが、楽しめるようになってきました」

 

そう語るのは、NHK朝ドラ『あさが来た』の大番頭・雁助役で話題になり、その後、ドラマ『HOPE〜期待ゼロの新入社員〜』(フジテレビ系・日曜21時)では“いい人”な脇役で味のある演技を見せている山内圭哉(44)。じつは子役からキャリアをスタートさせ、映画『瀬戸内少年野球団』では故・夏目雅子さんと共演している。

 

「台風で撮影が休みになり、僕らが男湯に入っていたら、夏目さんが女湯に入っていたんです。『一緒に入ってもいいですか』と聞いたら『子供だったらいいよ』と言ってくれて。すごく恥ずかしかったですね(笑)」

 

しかし、思春期を迎えたころ「恥ずかしなって、もう嫌や」と役者業から距離を置いた。転機は小説家でもあり劇作家でもあった故・中島らもさんとの出会いだった。

 

「知り合いにすすめられ、らもさんの劇団に入ったけどやりたいことがわからなかった。それを言ったら『21かそこらで自分のやりたいことなんて絶対わからへん。30ぐらいまで好きなことしい。好きなことを俺がさしてやるから義務で芝居だけには出とけ』と。当時はぴんと来てなかったけど、世の中恨んでいるような若いコに、そんな捨てたもんちゃうでぇと、自分にわかりやすく伝えてくれたと思うんです。あんときあの言葉を言われてなかったら、今ごろ俺はどうなってたんやろって」

 

その後は、その独特な風貌を生かし、個性派俳優として活躍。プライベートでは年下の奥さんと15歳の息子の3人家族だ。

 

「向こうが18歳で、僕が21歳ぐらいで知り合ったから付き合いは20年以上ですね。息子とは友達みたいな関係で、あまりお父さんっぽくないかも。自分も勉強をしてこなかったから、あれこれ言えないし。音楽にも役者にも興味がないみたいです」

 

最近ではドラマの出演が増え、街で声をかけられることも増えたと言うが、本人はマイペースをつらぬいている。

 

「あんまりええ人や思われるのも嫌やし。今後の夢?なんにもないです。なんにもない(笑)。適当に休めたらええなとか、大衆酒場で飲めるくらいの稼ぎがあればええなぐらいで」

【関連記事】

脱サラ俳優・佐藤二朗 キー局ドラマ初主演をつかむまで

瑛太、小栗、松田龍平…ムロツヨシの周囲に俳優が集う理由
“ポスト五代さま”になれるか 朝ドラ出演俳優・大野拓朗

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング