『ひよっこ』ヒロインの同期女子2人が明かす「乙女寮」の舞台ウラ

投稿日: 2017年04月27日 06:00 JST

image

 

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」の舞台のメインは茨城から東京へ−−。高度経済成長期真っただなか、“金の卵”として、奥茨城村から上京するヒロイン・谷田部みね子(有村架純)。彼女の就職先は向島電機。その乙女寮で日々を共にする、同期の工員・青天目澄子を演じる松本穂香(20)と、兼平豊子を演じる藤野涼子(17)が、乙女寮の舞台裏を語ってくれた。

 

向島電機の乙女寮で、みね子と同じく上京した幼なじみの時子は優等生の幸子、マイペースな澄子、怒りっぽい豊子、可憐な優子と同室となる。

 

松本「青天目澄子はすごくマイペースでぼんやりしているけれど、芯が強いし肝がすわっている女のコ。澄子と自分は共通点が多い気がします」

 

藤野「兼平豊子は勉強ひとすじで、それまでは友達づくりもあまり眼中になかったようなコでした。乙女寮へ行くことになり、多くの人と関わっていく中で、勉強以外のかけがえのないものを見つけたのかなと思いました」

 

−−女子が6人いる撮影現場は、にぎやかそうな感じがしますが。

 

松本「そうですね(笑)。寝ているシーンは、本当に寝てしまったり。実際に乙女寮に住んでいる感じがしました」

 

藤野「楽しかったですし、穏やかな雰囲気の現場でした」

 

−−お2人から見た有村さんは?

 

松本「いろいろなプレッシャーがあると思うのですが、それをまったく感じさせず、すごいなぁと」

 

藤野「疲れているはずなのに、演技のアドバイスをいただけるときもありますし、高校生ではやっているものは何?とか、話しやすい環境をつくってくださったり」

 

2人「とてもやさしい方です」

 

松本「撮影期間中に誕生日を迎えたので、プレゼントをいただきました。私はヘアトリートメントとチークを」

 

藤野「私も誕生日にメーク道具をいただきました」

 

−−向島電機や乙女寮の見どころは?

 

松本「女子が大勢集まったときのにぎやかさなどがリアルに出ています。そして全員がいろんな事情を抱えているけれど希望を持って日々楽しく生きようとしている姿が映し出されるので、すごく前向きな気持ちになっていただけると思います」

 

藤野「茨城では家族愛などが描かれましたが、乙女寮では家族からの応援、友情が描かれます。ドラマを見ていただく方には、ほっこりした時間を過ごしてほしいなと思います」

【関連記事】

新朝ドラ『ひよっこ』有村が明かす“家族”との撮影裏

新朝ドラ『ひよっこ』出演芸人明かす“アドリブ現場”秘話
『ひよっこ』天才子役の高橋來くん 母が語る“意外な教え”

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング