見た目だけじゃない!「ボディメーキング」で健康寿命が延びる

投稿日: 2018年05月10日 16:00 JST

関連キーワード

image

 

「『痩せさえすればキレイになれる』と、何時間もジョギングしたり、食事制限などで無理なダイエットをする人がいます。でも、それではキレイな体にはなれません」

 

そう断言するのは、『VERY』専属モデルのクリスーウェブ佳子さんほか、一流のモデルや女優など、数々の女性たちを「理想の体」へと導いてきた和久井拓さんだ。

 

「女性らしいキレイな体をつくるには、必要なところに筋肉をつけて、体に凹凸をつくらなければなりません。私たちの体は立体物だからです。私はその作業を『ボディメーキング』と呼んでいます」(和久井さん・以下同)

 

自分自身を、体の彫刻家「ボディスカルプター」と定義する和久井さん。初めての著書『読むボディメーキング』(光文社)には、理想的な姿勢のつくり方のほかにも、正しい体の鍛え方や食事の取り方など、読むだけで意識が変わり、すぐに実践できる“目から鱗”の新常識が綴られている。

 

和久井さんによると、美しい体を目指すことは“健康寿命”を延ばすことにもつながるという。

 

「加齢とともに筋肉の量は年間1〜2%ずつ減少していきます。60代になると、20代のときの6割ほどに……。筋肉に引っ張られる刺激で骨は強くなるので、筋肉が減れば骨ももろくなり、骨折しやすくなる。骨折をきっかけに、寝たきりになる高齢者はとても多いのです」

 

若々しい姿勢を取り戻したい人も、健康な老後を望む人も、ぜひ和久井さんのメソッドを試してみよう。美と健康、両方を得られるはずだ。

【関連記事】

ママタレに話題!藤本美貴も14キロ減「“骨盤”枕ダイエット」

寝ながらバストケアする体型改善「補正下着」

“10歳若返る”健康のための「スクワット」、人気医師が伝授

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング