眞子さまの大先輩!“異色のプリンセス“島津貴子さんの半生

投稿日: 2017年07月14日 06:00 JST

image

 

7月8日に予定されていた秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんのご婚約会見は、九州北部を襲った豪雨により延期となった。被災地の状況を気づかったお二人が、延期を申し入れられたという。

 

日本全国の注目が集まるお二人のご婚約会見。皇族女性のご結婚は、14年の千家典子さん、05年の黒田清子さん(紀宮さま)の例があるが、清子さん以前には昭和35年の島津貴子さん(清宮さま)まで遡る。

 

実はこの貴子さん、常に“自分らしさ”を貫いてきたプリンセスなのだ。一般社会へと嫁ぐ皇族女性のモデルともいえる、その半生を振り返ってみよう。

 

島津貴子さんは昭和天皇の第五皇女で、現在の天皇陛下の妹にあたる。清宮(すがのみや)の称号の「ス」、貴子の「タ」をとって「おスタちゃん」の愛称で親しまれた。

 

一躍話題となったのは昭和34年3月、貴子さん20歳の誕生日に行われた記者会見での一言。「お好きな男性のタイプは?」という質問に対し、「私が選んだ人を見てください」と切り返したのだった。

 

同じ月に婚約を発表。「選んだ人」は当時銀行員で、薩摩藩主の末裔・島津久永さん。お見合いから3回のデートを経て、交際わずか2カ月での婚約発表だった。自身の恋愛をも包み隠さない姿勢は、皇族として異例のことだった。

 

結婚に伴い学習院大学を中退し、主婦として暮らしていた貴子さん。31歳のとき、東京プリンスホテル内のショッピングモール『西武ピサ』に就職。「皇族出身者初の民間企業就職」となった。その後も百貨店のブティックや『プリンスホテル』の重役など、キャリアウーマンとして経歴を重ねていった。

 

小室圭さんとのご結婚後は皇籍を離れ、一般市民としての生活を始められる眞子さま。島津貴子さんのように、キャリアウーマンとして活躍する姿を見せてくださるかもしれない。

【関連記事】

眞子さまに続くのは? 皇室“恋の噂”データファイル

眞子さま同級生とご婚約へとNHK報じる 結婚時期は来年想定
眞子さま 週3博物館勤務と並行して…国際親善でご活躍への期待

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング