第81灯 (祝)オフグリッド生活2周年♪ 見えてきた! 分かってきた! これがオフグリッドに生きるということだ!

投稿日: 2016年09月13日 17:00 JST

image

パンパカパーン!わが家のオフグリッド生活が2周年を迎えました♪早いもので3年目に突入します。

image

電氣の知識ゼロのサラリーマンと主婦という、いたってフツーのわたしたち夫婦が、原発のない社会と各家庭でエネルギー自給するのが当たり前となる未来を夢描いて始めたこの電力自給生活。たった8枚の太陽光パネルと27kWh溜められる中古の再生鉛バッテリーと共に暮らしてきたこの2年間は、実践と実験の繰り返し。そして、新しい気づきや発見の連続でした。それは、電力自給生活に関わることだけではなく、社会や日本や地球が抱えている問題に気づくようになったことや、自分自身の内面で起こる価値観の変化や自己成長の発見まで含まれます。ミクロからマクロまでわたしの意識を拡大し続けるこの生活は、飽きというものがなく、ワクワクや希望や楽しさに溢れています!

 

一度も電力が底をつくこともなく、停電も経験せず、順調に過ごしてきました。当初は不安でいっぱいで、電氣が使えなくなって真っ暗闇の中でご飯を食べるようなことが起きるかもしれないと案じて、ローソクを大量購入して引っ越してきましたが、結局一本も火を灯すことなく棚の中で眠っています(笑)。そんな2年間のサトウさん家の電力状況をグラフ化したものを見てみましょう。まずは発電量です。

image

平均発電量は4kWhです。一日の平均消費電力量は相変わらず3kWh前後で、一般家庭の3分の1程度の電力で暮らしています。1kWh分しか余裕がないですが、「足るを知る」生き方をモットーとしているわたしたちにとっては、ちょうどいい量です。

 

次は蓄電量を見てみましょう。

image

平均すると22,8kWhの蓄電で、85%の蓄電率を誇っています。鉛バッテリーは残量50%を切って使い続けると劣化しやすくなるので、なるべく半分残すように心がけて生活しているのですが、50%を切ったことはたったの4日間。かなり優秀です!調べてみると、一年の半分が電氣富豪であることも分かりました。冬場はギリギリですが、それ以外の時期は使いきれないほどの電氣の恵みを太陽からいただいています。当初は電氣を使うことにビクビクしていたのに、今や電力自給をしていることすら忘れてしまうくらい電氣も心も余裕です(笑)

 

ちなみに、メンテナンスは1ヶ月に一度バッテリーに精製水を補充することと、2年に一度バッテリーの電極のサビを落とすITEアクティベーターを入れることです(ITEについては、第29灯をお読みください)。メンテナンスするときは、愛情をたっぷりこめながら「長生きしてね」というきもちで触れ合っています♪

image

このオフグリッドな暮らしの基盤は、「足るを知る」意識と節電やメンテナンスという実践ですが、この意識と実践さえクリアできれば、家一軒くらい誰でも電力自給して暮らせるということを、この2年間で十分証明できたのではないかと自負しています。

 

電力会社とオフグリッドしてみたら、いろいろな問題にきづくようになりました。そして、「当たり前」「普通」だと思っていたことが、よくよく考えてみると「おかしなこと」や「変なこと」であることであって、そういうことがこの社会では溢れていると感じるようになりました。こんなに簡単に電氣を家でつくれて、しかも楽しくて、電氣代ゼロ円で生活できることが当たり前になると、地球の存亡を左右するような恐ろしい原発や、二酸化炭素を出し続ける石油や石炭でつくられた電氣を買って使うことが異常に思えてくるんです。電柱を立てて、電線を家に引き込んで、電氣メーターを設置して、電力会社に料金を支払う生活はもう考えられません。なぜなら、地球も人間も自然も傷つけ合うことなく平和に電氣と共に暮らせる方法が、ここサトウさん家で確立できたからです。

 

わたしたちは、「たくさん電氣がないと暮らせない」というマインドを刷り込まれています。そのような色眼鏡をいったん外して感覚をニュートラルな状態にしてみると、そんなに必要なかったり、むしろ少ない方が豊かさを感じたり、買うのではなく自分で作ってみる方が楽しかったり、別のもので代用した方が自分も地球もラクでハッピーになれたりするんですね。大量生産・大量消費をしないと回らない貨幣経済を支配している人たちは、わたしたちにたくさん電氣を買わせてたくさん使わせてたくさん捨てさせてまた買わせようとしているように見えます。そのシステムに知らず知らずのうちにグリッドされているのがいまのわたしたち。その問題にきづいた人からから抜けていくときがやって来たのだと思います。オフグリッドな時代の到来です!

 

これからは、培ってきたオフグリッドで暮らす知恵やノウハウ、醸成された想い、生まれたアイディアなどを、多くの方々と直接お会いして共有していきたいと思っています。そして、オフグリッドな考え方を広げるスピードを加速させたいという願いもあります。講演しながら全都道府県を制覇したいたいな、ソーラークッカーを使ったお日さま料理セミナーをスタートしたいな、社会派の映画を上映するオフグリッドシネマをわが家で開催したいな、などなど夢が次々と生まれています。実践で得たものを自分たちだけで消化して終わらすことなく、一人でも多くの方々に広めていくのが目標です!これからも地球や自然や人間に優しいモノ・コト・ヒトとしっかりグリッドして、どんどん前進していきますので、3年目のサトウさん家もどうぞよろしくお願いいたします!

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

サトウチカ

自然療法士。メディカルハーブ、アロマセラピー、フラワーエッセンスなどの植物療法を中心に、自然なもので健康なカラダやココロを育む大切さを伝えています。2013年9月に神奈川県横浜市の森や畑や田んぼで囲まれた長閑な場所で、エネルギー(電氣)は完全に、食糧(お野菜)はできるかぎり、自分のお家でつくる自給自足生活をスタート!
 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング