ベイカー茉秋の母語る「ピンク髪祖母の話はもうやめて!」

投稿日: 2016年08月24日 06:00 JST

image

男子柔道90キロ級で金メダルを獲得したベイカー茉秋(21)。実力もさることながらそのイケメンぶりが注目されたが、中でも話題となったのは彼の祖母・小林リナさん(75)だった。髪はゴールドとピンク。右手には五輪カラーの腕輪、左手には「金メダルを獲れますように」と願いを込めた金のリボン。そして日の丸Tシャツ姿で「マシュー世界一」と書かれたうちわを手に応援する姿が放送されるや、一躍、人気者となったのだ。

 

本誌は、ベイカーの地元である東京都千代田区を訪れた。近所の住人が明かす。

 

「家族から“グランマ”と呼ばれていて、よく自転車のカゴに仔犬を乗せて走っています。近所でも有名人ですね」

 

だが前出の親族によると、リナさんはあまりに注目を集めたことですっかり落ち込んでしまったという。快挙を受け「帰って来たら抱きついて喜びたい」と涙を流していた。孫思いの祖母について、ベイカーの母・由香さん(46)も言う。

 

「普通のおばあちゃんなんですよ。ちょっとおしゃれなだけで、海外なら普通のこと。日本だから目立っちゃいましたが、あくまで孫を応援していただけ。だから、もう母の話はしたくないんです。今はそっとしておいてあげたいと思っています」

 

そんな由香さんは、ベイカーが幼いころに夫と離婚。以来、女手ひとつで彼を育て上げたシングルマザー。女ばかりの家庭の中、最強の男はいかにして育ったのか。バイクにまたがり息子を送迎し、父親代わりになってきたという由香さんが語る。

 

「たしかにそうは言われていますが、私が特に何かをしたことなんてないですよ」

 

だが、何もしないだけでここまでベイカーが育ったはずもない。そのヒントは、由香さんの言葉に隠されていた。

 

「ガツガツ食べる感じではないし、今でもゆっくり食べるタイプなので食事作りに苦労したこともありません。私はそんなに大変という感じではなかったですね。というのも勉強は頭のいい従兄弟が教えてくれたし、私がいないときの茉秋の世話は彼の姉が見てくれていました。姉御肌な子で、とても助かりました。そのほか何かあれば親戚が集まってワイワイしていましたし、柔道で結果が出て来てからはみんなで祝勝会を開いてくれたりもしました。本当に、まわりの人たちに助けられたと思います」

 

つまり、今では珍しいほど親族が一丸となって支え合って彼を育ててきたのだ。

 

「柔道をしていると怪我も多いので、いつも心配しています。今回の大会前には、ひそかに神田明神へお参りに行ってゲン担ぎをしてきました。でも、これだけ立派になってしかも金メダルまで取ってくれて……。すごいことですし、感動もしました。茉秋には、ただただ『ありがとう』と言いたいですね」

【関連記事】

小学校のときはダラダラ練習も…ベイカー茉秋の子供時代

リオ飛び込み代表板橋 名前に込めた母の思いと献身サポート
女子ラグビー五輪代表選手のスランプ救った“母の存在”

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング