平野美宇「胃液を吐くほど大泣き」負けず嫌いだった少女時代

投稿日: 2016年10月21日 06:00 JST

image

「本当に夢のようです。自分のプレーをして攻めていたので、たくましく成長したなと思いました」

 

10月9日に卓球女子のワールドカップ決勝が米国で行われ、平野美宇(16)が日本人選手として初めて優勝した。この快挙を受け、本誌が母の真理子さん(46)にインタビューすると、開口一番こう言って目を細めた。

 

実は、リオ五輪の代表落選でとても落ち込んでいたという平野。そんな彼女が挫折を乗り越えられたのには、母の教えがあった――。

 

山梨県甲府市で暮らす真理子さんは元小学校教師で、夫は内科の勤務医。平野は“卓球3人姉妹”の長女で、両親はともに大学卓球部で活躍した“卓球一家”だ。

 

「私が卓球を教える私塾を始めたのは、美宇が3歳のときでした。『美宇もやる』と言い出して。サーブが打てたら試合ができると思い、試しにやらせてみたら簡単に打てました。4歳になると、もう試合ができるように」

 

真理子さんがいちばん大変だったのは、5歳からの2年間だったという。

 

「美宇は5歳から大きな大会に出始めたんですが、負けそうになると試合中に泣き出すんです。負けるのがイヤで、胃液まで吐くほど大泣きするんですよ。試合中に泣いて勝てるわけがないですから、私は『試合中に泣いたらダメ!練習通りにやって負けたら、恥じゃない。負けるのがイヤで泣くほうが恥ずかしいんだよ』と言い聞かせました」

 

幼い頃“泣き虫愛ちゃん”として有名になった、福原愛(27)。“愛ちゃん二世”と呼ばれるようになった平野だが、母からは「泣くな!」と“泣き虫禁止令”が――。

 

「でも、なかなか泣き癖は治らなくて、同じことを何回も言い続けていました。小学校に入ってすぐ全国大会に優勝したんですが、劣勢になっても泣きませんでした。このときから美宇は変わりましたね」

 

7歳で泣き虫を卒業した平野は、将来の夢を聞かれ「五輪で金メダル」と答えている。目標が明確になって以来、卓球の成績もグングン上がっていった。ついには県内に練習相手がいなくなり、山梨から合宿に参加するため大阪まで行くようになる。

 

「小学3~4年の頃には、夏休みに1週間ほど、大阪のミキハウスに泊まりがけで参加していました。荷造りも『自分でやりなさい』と言ったら、ちゃんと1人でできるように。“小学生がトランクひとつで大阪まで行っている”と不憫に思う人もいましたが、私は娘を早く自立させたかったんです。そうでなければ、一人前の選手にはなれませんから」

 

「五輪で金メダル」の夢をかなえるためには、早い独り立ちが必須だと、真理子さんは考えたのだ。

 

「『合宿中も洗濯物は自分でやるんだよ』と言いましたし、家にいるときは味噌汁用のお味噌の仕込みもやらせました。小学校卒業の年に夫と相談して、東京にあるオリンピック選手を育成するエリートアカデミーに入れて、寮生活をさせる決断をしました。五輪に出るためには、“これしかない”と。実家から離れて親子が別々に暮らすことに、ためらいもありましたが、結果的にはよかったと思っています。五輪落選で眼の色が変わって、一段と卓球に打ち込めたのも幼いころから続けてきた“自立”教育の賜物だと思っています」

【関連記事】

卓球・水谷「男女の扱いの差に10年以上悔しい思いを」

福原愛 台湾代表カレとの結婚を阻む協会の非情すぎる司令!
福原愛「地ならしがまだ…」結婚明言避けた陰に大人の事情

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング