BIGBANGのT.O.P 「意識不明」報道に実母涙の抗議、現地は混乱

投稿日: 2017年06月07日 14:00 JST

image

 

7日、韓国メディアにOSENの報道によると薬物過剰摂取により意識不明で緊急治療室に運ばれたBIGBANGのT.O.P本名チェ・スンヒョン(29)に関する報道に混乱が生まれている。現在、韓国国内では、T.O.Pは「まだ意識不明だ」とする報道や、「意識は回復している」、「そもそも意識不明ではなかった」などの報道がされている状態だ。

 

T.O.Pの母親に直接取材したとする韓国メディアOSENによると、母親は涙ながらに「T.O.Pは未だに意識を回復していない。しかし、なぜ警察は意識が回復したと発表をしたのか」と語り、「まだ状態が良くない。どうか偏向的な報道はやめていただきたい」と伝えたという。

 

しかし、他の韓国メディアスターニュースによると、トップが転出したソウル市第4機動団の関係者に取材したところ「T.O.Pを初めて発見した時、目覚めなかった」とし「普段服用している精神安定剤に睡眠薬の成分が含まれていたとされ、その薬を過剰に摂取したようだ」と語ったが、続いて「しかし、T.O.Pは意識不明だったという事実はない」と説明したと報じている。

 

このような多くの報道がなされているとして、本日7日午後4時よりT.O.Pが入院しているソウル梨大木洞病院側が記者会見を予定しているという。主治医が直接T.O.Pの現状を説明するとみられ大きな注目を集めている。

 

一方、T.O.Pは昨年アイドル女性練習生のAさん(21)と一緒に10月9日~14日、ソウル市龍山区の自宅で、計4回大麻を吸引した容疑がもたれ、毛髪検査で陽性反応があらわれ、検察の召喚調査が行われている状態だ。

 

また、2月に入隊し、ソウル警察庁の広報担当官室楽隊に所属する義務警察で、ソウル江南(カンナム)警察署にて服務中だったが、事件によりソウル警察庁は、T.O.Pのソウル庁広報担当官室楽隊に所属する義務警察としての服務が不適合だと判断し、昨日(5日)4機動団に転出し、現在は待機中である。

【関連記事】

薬物大量摂取のBIGBANG T.O.P、意識回復

大麻使用の疑いでBIGBANGのT.O.Pが軍の配属先を移動
T.O.P、ジュンスともに9日入隊イベントせず、事務所が発表

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング