地元農畜産物を使用 “スーパー給食”に舌鼓

投稿日: 2016年11月15日 14:00 JST

image

(写真・神奈川新聞社)

 

横浜市泉区の市立いずみ野小学校(齊藤由香校長)で14日、地元の農畜産物だけを使った“スーパー給食”が提供された。農家が多い地域で日頃から農業と深い関わりを持つ同校。児童が考案したメニューを参考に、地産地消の普及に努める「濱の料理人」が献立を監修した。児童は生産者らとともに給食を食べ、「おいしい」と笑顔を見せた。

 

同校では地域の人たちの協力の下、サツマイモ作りやもち米作りなど農に触れる活動が展開されている。有志の4~6年生による「学び隊」と称した活動も行われ、本年度は計47人が参加。近隣の畑で野菜を育てているという。給食には学び隊のメンバーがこの日の朝、収穫したダイコンとコマツナも使用された。

 

地元の農畜産物だけを使ったスーパー給食の提供は本年度で5年目。メニューは「やまゆりポークといずみ野野菜のブランジェール」「学び隊と三家(さんや)野菜のマリネ~はまっこドレッシング ぶぶあられがけ~」「三家・なおひろさんのブルーベリー入りマフィン」。いずれも濱の料理人で、地元「レストランペタル ドゥ サクラ」のオーナーシェフ難波秀行さん、美濃屋あられ製造本舗の専務取締役小森健太郎さん、旅するコンフィチュール代表の違(ちがい)克美さん-の3人が監修した。ブランジェールは児童が考えたポトフを参考に難波さんがアレンジした。

 

6年生の男子児童(12)は「(ブランジェールに)揚げたジャガイモが入っていておいしかった。野菜にあられをかけて食べるのも初めて」と笑顔。6年生の女子児童(11)は「お肉がとても軟らかかった」と話していた。

 

給食に先立ち、3~6年生を対象に、難波さんらによる食の出前授業も行われた。

【関連記事】

完全給食、来年度以降に方式決定

ようこそ横浜農場へ 地産地消フェア 23店舗参加
再生エネで地産地消 松田町、3事業者と協定

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング