image

 

「実は初日からの12連勝で、千秋楽後の優勝祝賀会の準備を始めていたんです。でも13日目の日馬富士戦のケガを見て、優勝バージョンから慰労バージョンに変えようかと。まだ可能性はありましたから完全に変えることはしませんでしたが」

 

そう語るのは、新横綱で春場所優勝した稀勢の里(30)の後援者・前田克巳さん(69)だ。前田さんは元幕下の力士。稀勢の里の師匠である、故・鳴戸親方(元横綱・隆の里)の兄弟子だった。

 

快進撃を続ける新横綱の大ケガにファンならずとも肝を冷やしたが、稀勢の里は翌日の鶴竜戦に強行出場。しかし結果は、ほぼ無抵抗に近い状態で敗退した。

 

「その様子を見て本人にメールを打ちました。『横綱としての責任を全うしてくれてありがとう。横綱としての人生は始まったばかりだから』とね。怪我を完全に治して次の場所に備えてほしいという思いを込めたんです」

 

ところが稀勢の里から帰ってきた返信メールは、思いがけないものだった。

 

「『あと一日、必死で頑張ります』とあったんです。驚きました。休場を拒否して翌日も出る、というだけでなく、命がけで勝ちに行くと言わんばかりでしたから。横綱はまだ優勝を諦めてないと、驚きました」

 

それでも前田さんは、逆転優勝に関しては半信半疑だった。会場の大阪府立体育館には行かず、千秋楽後のパーティの準備をするため会場にいた。そこで、本割の照の富士戦で稀勢の里が勝利するシーンを目撃。

 

「驚きと喜び、それしかなかったです。大急ぎで『府立体育館』に車で向かいました。優勝決定戦は、車の中のテレビで見たんです。勝ったのを見て、『うわーやった!』と。支度部屋に着いたらみんな興奮していて。『おめでとう』『ありがとうございます』と言葉を交わすのがやっとでした」

 

何が、その奇跡の逆転優勝を呼んだのか?

 

「彼の師匠、隆の里は、糖尿病を患って出世が遅れながらも、耐え忍んで横綱にまでなった。その師匠の初代若乃花は体重105キロという小兵ながら、土俵の鬼とまで言われた猛稽古を続け、努力で横綱になった。サイン色紙に“人生は耐え忍ぶもの”と言う意味を込めて、『忍』と言う文字を書いたんです。三代に渡って綿々と受け継がれた『忍』の精神があったからこそ怪我の痛みに耐え、最後まで諦めることなく土俵をつとめ、優勝できたのでは、と思います」

 

『忍』の精神を胸に、稀勢の里は大横綱への道を一歩、踏み出した。

関連タグ: