image

(写真:アフロ)

 

3月6日、マリナーズへの復帰が決まったイチロー(44)。昨年11月にマーリンズからフリーエージェントとなっていたが、古巣での6年ぶりとなる再出発。年俸は約8,250万円。出来高がプラスされるものの、メジャーでの自身“過去最安”となる契約内容だった。

 

「44歳での再出発に、各球団の反応は『チームを若返らせようとしているから古い選手はいらない』など冷ややかなものが多かったそうです。それでも彼は『メジャーでプレーを続けられるなら何でもする!』と言って、移籍先を探してきたといいます」(スポーツ紙記者)

 

そんなイチローの挑戦を支えたのは、ほかでもない弓子夫人(52)だった。

 

「イチローはマリナーズに11年間在籍していたため、弓子さんはチームの夫人会で中心メンバーになっていました。今回も彼女が当時の人脈を活かし、水面下でサポートしたといわれています。また年俸は満足できるものではなかったでしょうが、弓子さんは『野球がやりたいんでしょ!』と言って背中を押してあげたそうです」(前出・スポーツ紙記者)

 

お金より夢を追い続ける夫。それを可能にしたのは、弓子夫人の“凄腕”財テク術があればこそだという。

 

「弓子夫人は“メジャー選手の妻はこうあるべき”という鉄の掟を持っています。その1つがお金の管理。夫が稼いだ大金は、妻が運用するべきだと考えているのです。弓子夫人はエステ店経営のほか、不動産投資を中心に100億円以上を運用しています。高利回りで税制優遇が得られる方法を熟知しており、その知識はプロ顔負け。だからイチロー選手も、安心してプレーに集中できるのです」(前出・スポーツ誌記者)

 

入団会見では「最低50歳まで現役」と語っていたイチロー。そんな夫の大きな夢を、弓子夫人も陰ながら応援し続けているーー。