八村塁選手 中学同級生が明かす「妹の手をいつもつないで…」
(写真:アフロ)

「日本とベナンのハーフでずっとやってきて、日本でずっと育ってきた。お父さんもお母さんも家族みんながすごくサポートしてくれていた。感謝の気持ちを伝えたい」

 

米プロバスケットボールNBAで、日本人初のドラフト1巡目指名で「ワシントン・ウィザーズ」に入団が決まった八村塁選手(21)は、記者会見でこう語った。

 

推定年俸4億円超えという破格の契約を獲得した八村選手。快挙を成し遂げた彼のスタート地点は、富山県だった。

 

「塁くんが小学生のときから住んでいたのは、3LDKの県営住宅。塁くんの下には、弟1人と、妹が2人。幼いころ、お米や野菜などを一生懸命抱え、お母さんと買い物から帰ってくる塁くんの姿をよく覚えています」(同県営住宅の住民)

 

八村選手は、西アフリカのベナン出身である父のザカリ・ジャビルさんと日本人の母・麻紀子さんのもと富山市で生まれた。両親をよく知る隣人が話す。

 

「麻紀子さんは語学が堪能で、英語とフランス語の教室を開いていました。お父さんは、奨学金でカイロ大学に留学するほどのエリート。フランス語、日本語など7カ国語が話せるようです」

 

八村選手がバスケットボールと出合ったのは、富山市立奥田中学校に入学してから。小6ですでに身長170センチだった彼は、同級生にしつこく勧誘され、根負けする形でバスケ部に入部したという。同中学校バスケ部コーチの坂本譲治さん(59)が語る。

 

「小学生のときの塁は陸上や野球で活躍していましたが、バスケの経験はゼロ。はやく上達してもらおうと、ほかの部員がシュートフォームやパスを教えたのです。八村の基礎を作ったのは、当時の仲間たちでしょうね。もともとスポーツ万能でしたから、私もその才能を見込んで、『もしかしたらNBA選手になれるかも』と口癖のように、彼を鼓舞していました」

 

坂本コーチが今でも印象に残っている八村選手の姿があるという。

 

「ほかの保護者が試合を見に来ているなか、塁のお母さんは仕事や子育てで応援に来られず……。塁はいつも寂しそうにしていました。でも、彼は、“お母さんは弟や妹たちの面倒をみなきゃいけないから”と、我慢していましたね」

 

その母にならうように、八村選手はきょうだいたちに“とにかく優しかった”と奥田中バスケ部の当時の同級生が明かす。

 

「練習で帰るのが遅くなると、塁のお母さんがいちばん下の妹を連れて迎えに来ていました。塁はいつも、妹の手をつないで帰っていた。中学生の友達の前で妹と手をつなぐなんて照れくさいと思うけど、あいつは妹の歩幅に合わせて、ニコニコ笑いながら帰っていましたよ」

関連カテゴリー: