日韓戦のラフプレーに批判殺到…流血選手に韓国ファンも謝罪
画像を見る

3月25日に日産スタジアムで行われたサッカー日本代表と韓国代表による親善試合内での、ラフプレーが物議をかもしている。   試合は前半17分に山根視来選手(27)が先制点を奪うと、続く前半27分に鎌田大地選手(24)もゴール。後半38分には遠藤航選手(28)がダメ押しの3点目を決めて、日本代表が3-0で勝利した。   各メディア...

関連カテゴリー: