池江璃花子、内村航平…東京五輪アスリートの「超新星」時代
18年、中学全国大会では1年生ながら2位に輝く池江璃花子(写真:アフロ) 画像を見る

開催が迫る東京五輪。緊急事態宣言が解除された東京では、新型コロナ第5波への懸念が高まるばかりだ。ワクチン接種のペースも上がってきたが、一方でデルタ株が広がるなど、開催までの収束は不可能と言われる。   しかし、予期せぬ開催延期からスッキリせぬまま過ぎたこの1年、ひたむきな努力を続けたアスリートたちの苦労を忘れることはできない。   ...

出典元:

「女性自身」2021年7月20日号,

【関連画像】

関連カテゴリー: