橘慶太、初ミュージカル『ラブ・ネバー・ダイ』で“真逆の役”に挑戦!「お酒も飲まない、温和の性格の僕が……」

投稿日: 2014年03月10日 15:00 JST

image

米国ブロードウェー史上最長ロングラン記録を更新する『オペラ座の怪人』の続編となる新作ミュージカル『ラブ・ネバー・ダイ』(東京・日生劇場で3月12日(水)〜4月27日(日)まで上演)が、日本で初演される。橘慶太は、同作が自身初のミュージカル作品で、ヒロイン・クリスティーヌの夫・ラウル公爵を演じる。

橘慶太(たちばな けいた

85年12月16日生まれ、福岡県出身。01年、ダンスボーカルユニット「w-inds.」の メインボーカリストとしてデビュー。同年、第43 回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。国内外でその実力を高く評価され、活躍は、台湾、香港ベトナムなどアジア圏全域に広がっている。13年2月、ソロアーティスト「KEITA」名義によるファーストシングル『Slide’n'Step』を発表。6月にはファーストアルバム『SIDE BY SIDE』をリリースした。

『ラブ・ネバー・ダイ』

image『ラブ・ネバー・ダイ』
3月12日(水)~4月27日(日)、東京・日生劇場にて上演

作/アンドリュー・ロイド=ウェバーほか 演出/サイモン・フィリップス
キャスト/ファントム(市村正親/鹿賀丈史) クリスティーヌ・ダーエ(濱田めぐみ/平原綾香) ラウル・シャニュイ子爵(田代万里生/橘 慶太) メグ・ジリー(彩吹真央/笹本玲奈) マダム・ジリー(鳳蘭/香寿たつき)ほか

公式サイト:http://lnd-japan.com/

 

—このたび『ラブ・ネバー・ダイ』でミュージカルに初挑戦することになりましたが、出演を決意した理由は?
「僕は、「w-inds.」で歌手デビューして13年になります。ずっと同じ環境で音楽を、ポップスをやっていきて、自分の中で一つ、ルーティーンワークになっているところがあると感じていたんです。今回、こういうミュージカルのお話をいただいて、音楽性は違うけれども、歌で人に届けるというエンターテイメントとしてはいっしょだし、勉強になることがたくさんあるだろうと思って。それでぜひ、挑戦させていただきたいと思いました


—お稽古はどんな様子ですか? 「物語が進みながら歌を歌うということがどんな感じかわからない」とおっしゃっていましたが。
「そうですね、稽古をしながら、今まで自分がやってきたものと、どう違うのかというのは少しずつ、と。見えてきているものもあるので、自分なりに消化したいと思っています。今は本当に、発見だらけというか、言われて、確かに、と思うことばかり。歌い回しとか、歌への考えだとか、そういう発見がすごくたくさんあるので、そこは前向きに、もっとたくさん、いろんなことを知りたいし、いろんな発見をしたいなあと思っています

image

—今までやってきたものと、どんなところが一番違うと思いましたか?
「今回のラウルという役は、登場のシーンから、感情的にすごく怒っているんですが、僕自身、そもそも怒りながら歌ったことがないんですよね(笑)。『怒りの感情を出してくれ』って言われて、一所懸命、怒ってみるものの、ただの怒鳴りになったりしちゃうし。メロディに感情を乗せて、歌にして、怒りを表現するというのが、今だにできないんです。とにかく、怒りを表現するために、息の使い方が大事らしくて。『息って何だろう?』と思いました。ずっと歌ってきて、全然違う部分ですよね。『もしかしたら、テクニックってどうでもいいのかな?』って思うんです。ミュージカルは、音楽に言葉と感情をしっかり乗せて、息を乗せて表現することが何よりも大切さだと教えられて。今までは、テクニックにこだわって、自分の声も楽器の一部としてやっていた音楽が多かったんですけど、そういうことじゃない部分もたくさん学ばせてもらっています。


—声ではなく、息の使い方が大事なんですか?
「声を出す前には絶対、息を吸うし、出すときには吐くし、『息が感情を表現しているんだ』と言われました。確かにそうかもと部分もありますね。今度、ポップスに戻ったとき、すごく感情が乗るんじゃないかなぁとも思いますし、クラッシックの発声もマスターできたら、一つの武器なると思います」

image

—お芝居はドラマで経験がありますが、芝居の部分で課題になっていることは?
「そうですね、やっぱり怒りの表現ですね。同時に、ラウルの中の自分の情けなさに対する自分自身への怒りや、強い悲しみを表しているところもあるんです。でも、そういう部分は、僕自身の中にあんまりないなあ、って。温和な性格で、どちらかというとボーッとしている(笑)。とくに最近、めったに怒ることもなくなってしまい、『怒りとは何だろう?』と思ってしまうくらいなんです。あと、ラウルは、飲んだくれて酔っぱらうんですが、僕はお酒を一滴も飲まないんです。『酔っぱらって感傷に浸るというのは、一体、どういうことなんだろう?』と。自分と真逆の人間を演じること、今回は、そこから入っていこうと思いますし、今回の芝居のポイントになると思います」


—初めてのことばかりで不安は大きいと思います。それを乗り越えるためにしていきたいと思っていることは?
「今回、田代万里生さんとダブルキャストなので、まずは同じ役をやる田代さんに相当頼ってみようかなあ、って(笑)。情報交換をはじめ、田代さんから学ぶことがたくさんあると思うんです。何もかも初めてのことばかりで、正直、何がわからないのか、わからないような状態です。でも、この舞台をやり遂げたら、自分はすごく変わりそうな気がします。ただ、やり遂げられるのかどうか、今はすごく不安なんですけど(笑)」

image

—今回、日本での初演となる『ラブ・ネバー・ダイ』。最大の見どころは?
「音楽です。ものすごいんですよ。クラシックに詳しくなかったので、この『オペラ座の怪人』の『ラブ・ネバー・ダイ』の音楽に触れたとき、最初、すごくビックリしました。「こんなに違うんだ」と、拍の取り方も違うし、と思っていたら、ミュージカルをやられている田代さんも『これはミュージカルの中でも特別』とおっしゃっていたんです。いちばんの見どころ、聴きどころは音楽だと思いますので、ぜひ、劇場に直接聞いて、楽しんでいただきたいですね」

【関連記事】
ダンスイベント『UNITED Vol.5~RISING DANCE FESTIVAL~』【DA PUMP】
B.ハワード マイケル・ジャクソンの再来!?今年注目の次世代シンガー誕生!
ワークマンCMのブレークダンスは“世界2位”の本格派!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

【激かわ】2年ぶりの日本ライブ本番前のT-araを独占直撃!2016.09.20

今年で日本デビュー5周年を迎えたT-ara。2年ぶりの日本でのライブ活動の本番直前のT-araに女性自身が直撃! メンバーのウンジョン、ジヨン、ソヨン、ボラム、キュリ、ヒョミンは一同みんな「おひさしぶ...