川崎中一殺害事件「普通の生活させて」と加害者の父漏らす

投稿日: 2015年12月28日 06:00 JST

image

冷たい風に草が揺れる川崎市の多摩川河川敷。‘15年2月20日に中学1年生・上村遼太くん(享年13)が殺害されてから10カ月。事件直後は河川敷に山のように献花が積まれていたが、6月に撤去された。

 

「それでも遼太くんの月命日の20日には、友人や知人たちがやってきて、彼の冥福を祈っています」(近所の住人)

 

遼太くんの家族は、シングルマザーの母、兄、妹2人に弟1人だったが、一家の知人は言う。

 

「遼太くんのお葬式の後に、ご一家は、それまで住んでいたマンションから引っ越しました。’15年4月からは妹さんが遼太くんの通っていた中学校に入学する予定だったのですが、それには抵抗もあったのでしょう。少し前に、遼太くんのお母さんと偶然会いました。『何とかやってるよ』と手を振ってくれたのですが、一生懸命気丈に振舞っているのでしょうね。ほかにも4人のお子さんたちがいるのですから、泣いてばかりもいられないのでしょう……」

 

遼太くん一家と同じように加害少年3人のうち、2人の家族は転居したという。だが、

 

「リーダー格だったA少年の家族だけが残っていますね」(前出・知人)

 

A少年(19)の自宅は3階建ての一軒家。事件後にインターネット上では、本名や自宅住所などの情報も流された。

 

「そのためか、塀には赤いスプレーのようなもので落書きもされていました」(社会部記者)

 

落書きの文字は読めない程度に消されていたが、いまもその痕が残っており、投石によってひび割れた玄関の窓もそのままになっている。ワゴン車に乗り、帰ってきたのはAの両親だった。

 

遼太くんの遺体が発見された直後には、「息子は何もやってないよ」と、語気荒く答えていた父親も、10カ月しかたっていないのに、かなり老けてみえた。

 

「話せることは何もないよ。息子の様子? 申し訳ないけど、そっとしておいてくれないか。“普通の生活”をさせてくれないかなぁ」

 

本誌記者の取材に、それだけ語った。杖をついて歩くフィリピン人の母も、同じ思いだったようで、記者を一瞥すると無言で家に入っていった。

 

前出の社会部記者は言う。

 

「リーダー格のA少年の初公判は2月2日に開かれます。成人と同じように裁判員裁判になります。遼太くんの家族へも、Aの家族へもまた取材依頼が増えるのではないでしょうか」

【関連記事】
川崎中1殺害事件 18歳容疑者の量刑は「懲役8年」と弁護士
川崎中1殺害事件 加害少年のフィリピン人母が浴びせた罵声
「名前をころころ変えて…」中一男女惨殺容疑者、素顔は

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

【激かわ】2年ぶりの日本ライブ本番前のT-araを独占直撃!2016.09.20

今年で日本デビュー5周年を迎えたT-ara。2年ぶりの日本でのライブ活動の本番直前のT-araに女性自身が直撃! メンバーのウンジョン、ジヨン、ソヨン、ボラム、キュリ、ヒョミンは一同みんな「おひさしぶ...