image

11月23日(土)横浜アリーナで「ANIMAX MUSIX 2013 supported by スカパー!」が開催された。 

「ANIMAX MUSIX」は『アニメミュージックの魅力を世界へ! 』をコンセプトに、2009年5月より開始したアニメミュージック・ライブイベントで横浜アリーナでの開催は4回目となる。

 

そして「第7回全日本アニソングランプリ」で過去最高の10,320組の頂点に立ちグランプリを受賞した小林竜之も登場し「一斉の声」(喜多修平、TVアニメ『夏目友人帳』)を歌唱。

小林竜之にとってはグランプリ受賞後、初のLIVEステージが本日の横浜アリーナとなった。

出番前は約2万人の観客を前にさすがに緊張感を隠せず控室で段取り、楽曲の歌詞・MC確認、発声を繰り返し入念にチェック。

遂に迎えた本番は小林竜之の登場と同時に観客のあたたかい大歓声、そして会場1面の青いペンライトで迎えられ、初のステージとは思えない程、持ち前の歌唱力と感情をむき出しにするような堂々としたパフォーマンスを披露。

そして曲の間奏で本人もリスペクトしている第1回大会のグランプリを受賞した喜多修平を迎え入れ会場のボルテージはさらに最高潮に。そして2人による絶妙なハーモニーで会場をさらに沸かせました。楽曲の終盤のフレーズ『いっせいのせ』では観客に呼びかけ青いペンライトを一斉に掲げて頂き、大盛況のうち終了となった。

 

また今回のステージ上でのMCで『もの凄く嬉しかったです!幸せでした!!』とコメント。

そして来春エイベックスからデビューする事及び11月22日(土)より公式ブログ「∞×無限大(よみ:むげんだい)」http://ameblo.jp/kobayashitatsuyuki/ を開設したことを発表した。

現在はデビューに向けて日々ボイストレーニング・ダンスレッスンに、奮闘中の小林竜之に今後、注目が高まる。

 

◆小林竜之コメント◆

あこがれの先輩 喜多修平サンと一緒にLIVEさせて頂いて、とても幸せでした。

初めての舞台が横浜アリーナで本当に緊張したのですが、練習してきたことを悔いなく出し切ることができました。

沢山の方々の支えや応援があったからだと思います。本当にありがとうございました。

今後も来春のデビューに向けて頑張りますので宜しくお願い致します。

 

◆小林竜之(コバヤシ タツユキ)PROFILE

○生年月日:1989年4月13日

○出身地:千葉県

「第7回全日本アニソングランプリ」で過去最高の10,320組の頂点にたちグランプリを受賞。

男性アーティストの受賞は第1回大会のグランプリを受賞しプロデビューした「喜多修平」以来、2人目。

好きなアニメは『夏目友人帳』シリーズ『進撃の巨人』等

来春エイベックスからデビュー。

○公式ブログ「∞×無限大(よみ:むげんだい)」http://ameblo.jp/kobayashitatsuyuki/

関連タグ: