風水でできた街、ソウルへ〝幸せ〟を探しに・・・ 大桃美代子さん、韓流パワースポット2泊3日

 ソウルはその昔、風水学的に優れた地脈をもつエリアとして遷都にされたという説があり、とても気のよい場所だそうです。遺跡や王宮、お寺などを巡れば心も体も健やかに。そして幸運の神様が頬笑みかけてくれるかも!

【動画】http://youtu.be/3pdOv1Vm3Uc

 

「韓流パワースポットの旅」

 詳細はこちら→ http://www.skynetwork.co.jp/

 

清渓川【チョンゲチョン】

ソウルの中心地を流れる精渓川は悪いものを流してくれる、お清めの意味があるそうです。コーヒーやテイクアウトを片手にゆっくりお散歩すれば清々しい気分になりますよ。

 

image
ウェスティン・チョースン
メインダイニング「ナインスゲートグリル」はオープンキッチンのフレンチベースのコンチネンタルレストラン。中に案内されるとその先に広がる圜丘壇の存在感に圧倒される。「ここは明堂(風水で吉な場所)」だという説があるため、ホテルのVIP客達の大切な商談は窓際の席でというのが通例となっているそうだ。お見合いにもよく使われる。 image
圜丘壇【ファンダグン】
ウェスティン・チョースンのホテルのエントランス脇から圜丘壇へ。解説には日本語も書いてあるのでご一読を。 image
山村【サンチョン】
韓国の精進韓定食専門店で、昼夜ともに1コースのみ。ドングリのでんぷんでできたムクや野山椒のてんぷら、さまざまな野菜のナムルなど食感、香り、後味など五感を刺激する味覚の世界が広がる。夜20時からは伝統舞踊も上演され賑やか。最近は観光客にも知られ、欧米人の姿もちらほら image
仁寺洞【インサドン】
韓国の伝統的な古民家を改造した店内、骨董品屋やギャラリーが立ち並ぶ仁寺洞に似合いのカフェ。その名も地名通り仁寺洞。小さく仕切られたお部屋があったり、開放的なテラスがあったり、気分によって使い分けられそう。骨董家具が随所にあって眺めていて楽しいですね。 image
仁王寺【インワンサ】
韓国では昔から険しい山ほど名山と考えられていて、虎が住んでいてもおかしくないといわれていたそうです。ここに祈ると子宝を授かるといわれていたことから「祈子厳」とも呼ばれています。地元の人たちは、仁王寺で祈りパワーチャージ、そして更に上を目指してトレッキングに行く姿も image
国師堂【ククサダン】
国師堂はお祓いの儀式を行うお堂で、事業繁栄などの慶事、病を治癒する憂患、また死霊祭の儀式などが行われる。観光客は騒がずに静かにお参りを。中を覗きこんだり写真を撮ったりしないほうがベター。 image
土俗村【トソッチョン】
ぐつぐつ煮たった状態で運ばれる参鶏湯15,000Wは好みで塩、胡椒で味を整えて。中にはナツメ、高麗人参、クルミ、ギンナン、もち米などは入ってスッカラを入れるごとにクリーミーに味が混ざり合う。希少な鳥骨鶏の参鶏湯22,000Wは滋養強壮に効果絶大。 image
曹渓寺【チョゲサ】
1395年に創建された韓国最大の仏教宗派である曹渓宗の総本山。大雄殿の周りにはブッタの一生の仏絵か描かれ一周眺めるものよい。また境内には樹齢約500年の白松など歴史をもあり見どころのひとつ。中には大きな3体の仏像が鎮座し、熱心な信者達が祈りを捧げている。 image
景福宮【キョンボックン】
景福宮は、北岳山、仁王山、駱山、南山に囲まれており、ソウル市内でも屈指のパワースポットとして有名。ただ、乾清宮内で日本人によって明成皇后が暗殺されたという悲しい歴史があるので、観覧前にご冥福を祈ることを心がけましょう。 image
昌徳宮【チャンドックン】
王族が一番長く安住した地が昌徳宮であった。なだらかな丘に作られた宮殿、見上げれば大木の緑、その先には大きな存在感の山々が眺められる。のんびりと散策すればその居心地の良さを感じることができる。更に奥には後苑があり樹齢750年のイブキや樹齢400年の桑の木など韓国の天然記念物に認定された特別な木々が今も息吹をあげている。 image

 

「韓流パワースポットの旅」

 詳細はこちら→ http://www.skynetwork.co.jp/