【動画28】アルツハイマー病の母とトイレット・ペーパーの関係

<object width=”640″ height=”385″><param name=”movie” value=”http://www.youtube.com/v/HxwfZho4I8A?fs=1&amp;hl=ja_JP”></param><param name=”allowFullScreen” value=”true”></param><param name=”allowscriptaccess” value=”always”></param><embed src=”http://www.youtube.com/v/HxwfZho4I8A?fs=1&amp;hl=ja_JP” type=”application/x-shockwave-flash” allowscriptaccess=”always” allowfullscreen=”true” width=”640″ height=”385″></embed></object>

image私の目先の懸案は、トイレット・ペーパーが、ものスゴイスピードでなくなることだった。

二人暮らしなのに、18コ入りのパックが、1週間もたない!

明らかに異常だ・・・

ここは、やはり本人に聞かねばなるまい、そして、それを撮らねば、と監督決断をする。
でも、母は、抵抗するだろう。母を撮影し始めて1年、母の気丈さは、何回も見せつけられている。
それに、自分が<隠している>ことを真っ向から聞かれたら、イヤに決まっている。

でも、聞きたい!知りたい!

imageこれは、玉砕覚悟だな、と腹を括る。
案の上、私は、母の前で見事に散った。

しかし、である。
監督の私も負けてはいない。
遂に、母が、なぜ、どのようにトイレット・ペーパーを使用しているのか、探り当てた。
この母にして、この娘あり、ではないか。

この丁々発止の被写体と監督の関係こそが、この映画を面白くするのである。

 

ドキュメンタリー映像作家 関口祐加 最新作 『此岸 彼岸』一覧

[この記事を第1話から読む]

 

関口家でも使っている、家族を守る”みまもりカメラ”