【動画36】アルツハイマー病の母と尿取りパッド

<object width=”640″ height=”385″><param name=”movie” value=”http://www.youtube.com/v/qtaAQXEUOTQ?fs=1&amp;hl=ja_JP”></param><param name=”allowFullScreen” value=”true”></param><param name=”allowscriptaccess” value=”always”></param><embed src=”http://www.youtube.com/v/qtaAQXEUOTQ?fs=1&amp;hl=ja_JP” type=”application/x-shockwave-flash” allowscriptaccess=”always” allowfullscreen=”true” width=”640″ height=”385″></embed></object>

<助けが必要な時には、西迫さん>、というほどご近所のケア・プラザの主任ケア・マネージャーの西迫さんは、母のことを気遣ってくれている。

母の引き籠り問題に続き、尿取りパッド/おしめ問題でも、西迫さんは、すぐに飛んで来てくれた!

image二人で考えたシナリオは、娘の私が、<女同士の問題>として尿漏れを西迫さんに相談し、西迫さんが、家まで尿取りパッドを持ってきてくれる、というものだ。

まあ、これは、50代の私には、フィクションではなく、ノン・フィクション問題なので、母と一緒に講習を受けてみよう、そんな気持ちだった。

ところが、肝心の母は、<尿漏れなんかは、したことない!>とムキになって否定するのだ。

imageただ、感心させられるのは、母は、西迫さんの話しを真剣に聞き(振り?)、一緒に<骨盤低筋>を鍛えるエキササイズなどもやったりするのだ!

おっ、今回は、期待しても大丈夫だろうか。

な〜んて、ちょっとでも考えた私は、甘かった・・・

さすが我が母、大した役者だわ!

 

ドキュメンタリー映像作家 関口祐加 最新作 『此岸 彼岸』一覧

[この記事を第1話から読む]

 

 

関口家でも使っている、家族を守る”みまもりカメラ” 

関連タグ: