虫はおいしい!?

image

街の中を歩いていると虫専門の屋台を目にする。
なんのための虫かって!?
そりゃ食べるためにあるんですよ。奥さん!

こんがり揚げられたタガメやバッタやコオロギちゃん。
かりかりした食感がポイント(らしい)。

もともとは不足するカルシウムを補うための貴重な食材だったそう。
いまは酒のつまみやおやつに食べられている(らしい)。

『ぎゃーーーっ! これ虫!? ぎゃーーーーーーっ!』

と、外国人が叫びながらカメラに納めるのが恒例となっております。
屋台のおじさんもそのへんはすでにわかっているようで
好きなだけ撮ってくださいと放置気味。

外国人の反応を試すようにバッタの足を口から出して
近寄ってくるタイ人もいます。これもある意味恒例です。

タガメやバッタは羽をむしってから食べるとよいそうです。
一袋約20バーツ(約75円)。

ちょっと変わった料理としてぜひ挑戦を。

(文/ライター・ちろ子)

ちろ子プロフィール

タイでの長期滞在経験も豊かなライター・ちろ子がお届けする、タイの食から文化、ライフスタイル等、今のタイのおいしいところを全部レポート!読者の皆さんからの最新レポートも募集します。