‘14年末を伝説の2時間NON STOPライブ『ライブハウスツアー2014 ハイスパートキングダム』東京・大阪・名古屋全6公演で単独公演を締めくくったアップアップガールズ(仮)。すべてのアイドルから一線を隔すハイパワーのパフォーマンスの完成は新たな”いただき”への道を拓いた。

 

’15年元旦、メンバー全員から新年への抱負と新たな希望、そして有言実行のアプガらしく目標を宣言した

「群馬観光特使としての活動もどんどん大きくなっていきたいと思います!」(新井愛瞳)

「20歳になるので、大人の一歩としてたくさん資格を取りたいと思います」(佐藤綾乃)

「日本語はもちろん英語、仏語と言語の勉強をしてワールドワイドな仕事をしたいと思います」(森咲樹)

「私は24歳、未年の年女なので、47都道府県しっかり全国制覇をしたいと思います」(仙石みなみ)

「バット3本折りをできたら武道館のステージで披露できたらと思っています」(佐保明梨)

「筋肉をよりよくつけ脂肪を減らしてミランダ―・カーみたいな体型になりたいです」(関根梓)

「今年もいい意味で『なにいっているんだろうアプガ!』って思ってもらえるような活動をしたいと思います(古川小夏)

 

7人それぞれの新年への思いの中、新たな大きな目標は、日本武道館公演。真の意味で武道館を観客でいっぱいにしてこそアプガらしいと言える。それは実はもっとも難しい道かもしれない。そのための日本全国47都道府県ライブだ。

 

新井愛瞳は「47都道府県を大成功に終わらせられたら日本武道館もやっと見えてくるんだと思います」

と決意を新たにした。

 

日本武道館を目指すために森咲樹は「今までは”武道館でやりたい!”って言ってきましたけれど、今年は”武道館に立ちます!”って言い切って自分たちにプレシャーをかけていきたいと思います!」

と本気モードを全開!

 

アイドル界最強からエンタメ界最強へとアップアップガールズ(仮)の戦いはまだまだ続く。’15年の活動に注目していきたい!

関連タグ: