image

日時:12月29日
場所:秋葉原UDXアキバ・スクエア

[一番勝負]山本寛監督 VS ファンのみなさま
[二番勝負]山本寛監督 VS I-1 Club
[三番勝負]山本寛監督 VS Wake Up, Girls!
[四番勝負]Wake Up, Girls! VS Wake Up, Girls!
[五番勝負]山本寛監督 VS 製作委員会
[六番勝負]Wake Up, Girls! VS 年末ジャンボ大抽選会
[七番勝負]Wake Up, Girls! VS ファンの皆様

●登壇者

[二番勝負]
大坪由佳(おおつぼゆか)〈岩崎志保役〉
津田美波(つだみなみ)〈吉川愛役〉

福原香織(ふくはらかおり)〈相沢菜野花役〉
山本希望(やまもとのぞみ)〈鈴木萌歌役〉
明坂聡美(あけさかさとみ)〈鈴木玲奈役〉
安野希世乃(やすのきよの)〈小早川ティナ役〉

[三番勝負][四番勝負][六番勝負][七番勝負]
吉岡茉祐(よしおかまゆ)〈島田真夢役〉
永野愛理(えいのあいり)〈林田藍里役〉
田中美海(たなかみなみ)〈片山実波役〉
青山吉能(あおやまよしの)〈七瀬佳乃役〉
山下七海(やましたななみ)〈久海菜々美役〉
奥野香耶(おくのかや)〈菊間夏夜役〉
高木美佑(たかぎみゆ)〈岡本未夕役〉ほか
大橋隆昌〈MC〉

●観覧者
・イベント物販購入者は優先入場 ※その他観覧自由
————————————————————–

[一番勝負]山本寛監督 VS ファンのみなさま

司会者が、イベントタイトルを「Wake Up, Girls! 炎の七番勝負ヤマカン」と途中まで呼びかけたのに続き、
観客が「出て来いやー!」。コールに応えて山本寛監督が演歌に合わせて登場。
「制作が佳境なので、本当はスタジオにいなくてはいけないのですが、ガヤの収録をするために来ました」と山本監督。
早速、スタッフが集音マイクを持ってステージに上がり、アニメ本編のライブシーンなど使用されるガヤの収録がスタートした。
監督の“「Wake Up, Girls!」コール””WUG!の推しメンコール””I-1クラブライブでの歓声”の3種類のガヤを収録した。

[二番勝負]山本寛監督 VS ファンのみなさま

「一番勝負」から続いて、WUG!のライバルユニットI-1クラブのメンバーを演じる声優陣が登壇した。
ステージ前に楽屋でみんなで作ったという挨拶&決めポーズを披露。
「『I-1クラブ』ってこんなチーム」「アニメと私と山本監督」などのテーマに沿ったトークが繰り広げられた。
演じるキャラが着ているアイドル衣装をキャストも着てライブをやりたい、と福原さんがコメントしたのをきっかけに、「I-1クラブの衣装を実際に着たいか?」という話題に。「ダイエットをしなきゃ」などの声が出つつも、最終的には登壇6人全員が「着てみたい!」とコメント。
今後、I-1クラブキャストによるあライブが見られる日がくるかもしれない?
新人揃いのWUG!と異なり、ほぼ全員が山本作品に出演経験のあるI-1クラブのキャスト陣。
唯一山本作品初出演の安野さんは、作品の舞台となる宮城出身のため、「ご当地キャスティングだと思っていた」そうだ。
「宮城でイベントをしたい」というコメントに、客席も大いに盛り上がった。また、山本監督について「実は子どもっぽい?」「監督はかまってちゃん???」など、キャスト陣からキビシい意見も多く飛び出した。逆に、ライバルグループとなるWUG!を演じる7人については、それぞれ「可愛い」「WUG!のいい先輩になれるよう、演じていきたい」「彼女たちの刺激になれるよう頑張りたい」などとエールを送った。
トーク中はキャスト陣のツッコミにタジタジになる姿も見せた山本監督だが、最後は「WUG!を鍛えないといけない中、サポートしてくれる慣れた面々は有り難い」とコメント。
————————————————————–
[三番勝負]山本寛監督 VS Wake Up, Girls!

「こんにちわぐー!」の挨拶とともに、WUG!の7人ががひとりずつ登場。
演じるキャラクターと同じ名前のキャストたちが、それぞれの自己紹介を行い、
その後キャラとキャストそれぞれについて監督がコメントをした。

島田真夢:つかみどころのない、謎の多い元センター。演じるのが難しいと思う。

吉岡茉祐:さいきん、「大阪のおばちゃん化」が激しいので、キャラに近づけてほしい(笑)。とくに、ファッションがギラギラしがち。

林田藍里:いちばん取り柄がない子、という設定。真夢の友人として彼女への憧れからアイドルを目指すが、いちばん努力家で成長する姿を見せてくれる。 

永野愛理:楽天ゴールデンイーグルス優勝してよかった! 僕も優勝の瞬間飲みながら盛り上がりました。

片山実波:天真爛漫なキャラです。民謡が得意なキャラです。

田中美海:実波の天真爛漫さを上回る田中さんの天然キャラに引っ張られて、キャラクターが成長している気がします。

七瀬佳乃&青山吉能 佳乃はクールビューティーなキャラだったはずなのに、演じる青山さんに引っ張られて、人間味が出てきました(笑)。

久海菜々美:いわゆるツンデレキャラです。ポニーテールはキャラクターデザイン・近岡さんの提案だったからなのですが、いいですね!

山下七海:実はオーディション最終選考までノーマークだったんです。最終選考で「あ、ポニーテールがいる!」って(笑)。

菊間夏夜:セクシー担当、貫禄と包容力があるキャラです。

奥野香耶:最年長なんですが……しっかりやろうな?(笑)

岡本未夕:ヘタレで、萌え萌えで、ちょっとおちゃらけたディレクションしやすいキャラではあります。テレビシリーズ第2話で大活躍しますよ。

高木美佑:器用で、ボケから泣きまでいろいろとできるので、助かってます。

運動が得意な高木美佑がクラッシクバレエの回転を披露したり、民謡が得意という設定の片山実波を演じる田中美海が演歌を歌ったりするなどの、大胆自己アピールも飛び出した。

————————————————————–

[四番勝負]Wake Up, Girls! VS Wake Up, Girls!

Wake Up, Girls!メンバーも実際にプレイしハマっているというSNSゲーム「Wake Up, Girls! ステージの天使」をめぐって、「Wake Up, Girls!」のメンバーがバトルした[四番勝負]。
2つのチームに分かれてプレゼン合戦を繰り広げたり、ゲーム中のクイズに挑戦するなど、メンバーたちも楽しみながらゲームを紹介。

————————————————————–

[五番勝負]山本寛監督 VS 製作委員会

山本監督が『Wake Up, Girls!』の製作委員会メンバーと対峙する危険なトークショー。
登壇者(エイベックス、テレビ東京、セガ、学研、東宝の各プロデューサー)たちは、客席にお客さんがいたことに驚きの声を上げながら登場。
「山本監督あるある」をテーマにトークが繰り広げられた。
続いて仙台から『WUG!』をライバル視しているというキャラクターの登場が告げられた。
やってきたのは仙台宮城観光キャンペーンPR課長の「むすび丸」、仙台城跡で観光客をおもてなしする「伊達武将隊」、仙台宮城のご当地ヒーロー「未知ノ国守ダッチャー」の3組。
それぞれが行う自己PRを元に監督・プロデューサー陣が「WUG!のライバルキャラを選ぶことに。厳正な審査の結果(?)ライバル”ゆる”キャラには「むすび丸」が選ばれた。

————————————————————–

[六番勝負]Wake Up, Girls! VS 年末ジャンボ大抽選会

「メインバーサイン入り特大イベントポスター」や「サイン入りキャンパスアート」など、豪華賞品が当たる抽選会。
特賞は、9月から12月に計4回行われたショーケースイベントのステージ上でキャストたちが実際に使ったスケッチブック(それぞれが絵などを描いたもの)を本人たちから手渡しされた。

————————————————————–

[七番勝負]Wake Up, Girls! VS ファンの皆様

ラストはお待ちかねのライブ。新人声優として7月にワンダーフェスティバルで初ステージに立って以降、4回のショーケースイベントなどの経験を経てライブで、
7人は成長した姿を観客に披露した。客席には、既に各メンバーのテーマカラーに合わせた7色のサイリウムを持って待機するファンも。
1曲目は劇場版の主題歌「タチアガレ!」。1曲目から曲に合わせたコールが起こり、いきなりテンションはマックスに! 
その後、山本監督にゆかりのあるカバー曲を続けて振り付きで熱唱。会場途中機材トラブルによる中断というアクシデントがあったが、
その際には山本監督が登壇しトークで盛り上げた。ラストは今日が初披露となるテレビシリーズのエデンィング曲「言の葉青葉」を歌った。
アンコールは再び劇場版主題歌「タチアガレ!」。

〈ライブセットリスト〉
・タチアガレ!(劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』主題歌
・ハレ晴れユカイ(カバー)
・Motto☆派手にね(カバー)
・もってけ!セーラーふく(カバー)
・言の葉青葉(テレビシリーズ『Wake Up, Girls!』ED)
=アンコール=
・タチアガレ!

〈イベントラストのコメント〉
山本寛監督:「制作側は今も視力を尽くしてで作品を作ってくれています。こんなにスタッフが必死でやってくれている作品は今まで経験をしたことがないです。
それだけみんなが思い入れてくれているということだと思います。制作スタッフに限らず、宣伝も、委員会も、すごく必死でやってくれている。かつてない規模、かつてない熱量の作品です。
それに応えられるように頑張りたいです。1月10日を待っていてください。必ず、何かしらの結果を出します。

吉岡茉祐:「今日は皆様の応援に、すごく支えていただきました。これまで以上の気持ちでステージに立つことができました。ありがとうございました!」

永野愛理:「お客様に来ていただけるのかどうか不安でしたが、こんなにたくさんのお客様に来ていただいて、こんなにアツく盛り上がっていただいて、本当に嬉しいです。来年も頑張ります!」

青山吉能:「7月の初ステージから今日まで、たくさんの方から幸せな気持ちをいただきました。今度は私がみなさんを幸せにできるように、もっともっと成長していきたいです。2014年と言わず、2015年も2016年もWUG!を続けられるように頑張りますので、よろしくお願いします」

田中美海:「こんなにたくさんの方に集まっていただいて、本当に嬉しいです。私たちも皆様に負けないように、もっともっともっと頑張って成長していきたいと思いますので、これからもよろしくお願いします。本日は本当に、ありがとうございました」

山下七海:「今日はいろいろトラブルもありましたが、それにも関わらず盛り上がってくださった皆様、ありがとうございました。そして、大好きです! 2014年もよろしくお願いします!」

奥野香耶:「ちょうど1年前の今頃は、オーディションに合格できるかどうかという時期でした。その頃は、こんなにステキな風景が見られることを想像していませんでした。2014年も、よろしくお願いします」

高木美佑:「こんなにたくさんの方に集まっていただけて、本当に嬉しかったです。みなさんのおかげで、2013年の最後に素晴らしい思い出を作ることができました。ありがとうございました!本番は2014年です。来年もよろしくお願いいたします」

※イベント終了後、本日初出となるテレビ版OP楽曲に合わせた新プロモーション映像が公開された。
——————————————————————————–

【Wake Up, Girls!情報】
TVアニメ「Wake Up, Girls!」:2014年1月10日(金)よりテレビ東京他にて放送開始!
劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」:2014年1月10日(金)より劇場公開決定!
原作:Green Leaves / 原案・監督:山本寛
脚本:待田堂子 / 音楽:神前暁 MONACA / キャラクターデザイン:近岡直
色彩設計:辻田邦夫 / 美術監督:田中孝典 / 撮影監督:石黒晴嗣 /  CG監督:濱村敏郎 / 編集:奥田浩史
音響監督:菊田浩巳 / 音楽制作:DIVEⅡentertainment 
アニメーション制作:Ordet × タツノコプロ / 製作:Wake Up, Girls!製作委員会
吉岡茉祐 / 永野愛理 / 田中美海 / 青山吉能 / 山下七海 / 奥野香耶 / 高木美佑
大坪由佳 / 加藤英美里 / 津田美波 / 福原香織 / 山本希望 / 明坂聡美 / 安野希世乃
浅沼晋太郎 / 日髙のり子

公式HP:http://wakeupgirls.jp

公式ツイッター:@wakeupgirls_PR

「Wake Up, Girls! ステージの天使」事前登録受付中  
http://www.wakeupgirls-social.jp/

(C)Green Leaves/Wake Up, Girls!製作委員会

関連タグ: