image

声優・上坂すみれ(22)の『革命的ブロードウェイ主義者同盟総決起集会』が2月11日に東京・中野サンプラザで開催され、約2200人のファンが集結した。

 

上坂とその同士諸君(上坂のファン)からなる“革命的ブロードウェイ主義者同盟”は「生産・団結・反抑圧」のスローガンのもと国家の樹立を目指しており、建国記念日であるこの日をもって結成1年を迎えた。

 

上坂は3月5日発売の3rdシングル『パララックス・ビュー』を生披露。「心の故郷である中野ブロードウェイの近くで決起集会ができてうれしい。電車のアナウンスで『次は中野です』と言われてビクッとするくらい、緊張しました!」と感激した様子で話した。

 

上智大学ロシア語学科の4年生で、ロシア好きとして知られる上坂。ソチ五輪の開会式もテレビで観たといい、「迫力があって、プーチン大統領も満足だと思う」とコメント。「五輪の輪の(点灯の)失敗をロシアの人たちが皮肉っていたりと、ところどころにロシアらしさが出ていた」と解説していた。

 

また、『第二回 革ブロ総決起集会』を来年2月11日に開催することも発表。今後の展望については「ゆっくり考えたい。去年モスクワに行ったときに“赤の広場”が美しかったので、法的に許されるなら、いつか赤の広場でライブをしてみたいです」と語った。

関連タグ: