image

10月11日、アイドルグループ『THE ポッシボー』、『アップアップガールズ(仮)』、ソロアイドル・吉川友(22)からなるユニット『チーム負けん気』が、東京・恵比寿LIQUIDROOMにて『チーム・負けん気 1st ライブツアー ~本気☆勝ちます~』の東京公演を行った。

 

ステージにチーム負けん気の13人が登場すると、総勢で『無限、Fly High!!』でライブがスタート。

 

序盤から会場をこれでもかと盛り上げると、歌う順番を決める“くじ引き”が行われる。

結果、1・吉川友、2・アップアップガールズ(仮)、3・THE ポッシボーと出演順が決定。

 

 

一旦全員が退場したのち、吉川友が登場。

URAHARAテンプテーション』を披露し、妖艶なパフォーマンスでファンを魅了した。

image

MCでは、「衣装はラスボスだけど、トップバッターの吉川友です!…気付いたことがあるんですけど」と話すと、「今日の3組、骨のポッシボー、筋肉役のアプガ、脂肪のきっかでバランス良くないですか!?」と自虐コメント。

 

「会場のみなさんが“血”になっていただければ」と、持ち前のトーク力で会場を盛り上げた。

 

次に現れたのが“筋肉”担当アップアップガールズ(仮)。

11月4日発売の新曲『イタダキを目指せ!』からライブがスタート。

image

メンバーの森咲樹は、次の日が21歳の誕生日であり

「大好きなライブ、そしてみなさんと過ごせるのがとても嬉しいです!モリモリ全力で頑張ります!!!」と感謝の意を述べた。

 

『リスペクトーキョー』、『全力!Pump UP!!』など、まさに“負けん気”を見せつけるライブパフォーマンスで会場を沸かせた。

 

そしてトリを務めるTHE ポッシボーが登場。

 image

『勇気スーパーボール』、『さぁ来い!ハピネス!』で連続で披露すると、

MCでは「前半戦で脂肪と筋肉が暴れてくれたから、“骨”のポッシボーが最後締めたいと思います!」と、メンバーのロビンが挨拶。

 

光をぐるぐる回して盛り上がりましょう!と『希望と青春のヒカリ』ではキラキラ光るボールパフォーマンスで盛り上げた。

 

各ユニットがライブを終えると、再びチーム負けん気が勢ぞろい。

吉川友がマイクを持つと、「ハロー!プロジェクトさんの恒例のコンサートって、夏と正月じゃないですか。じゃあ負けん気は春と夏にツアーやりましょうよ!次は春にやりまーす!」と勝手に宣言。

 

しかし佐保明梨が「あえてさ、(ハロー!プロジェクトに)対抗して正月にぶつけちゃう?」と言うと、負けん気のメンバー全員で「いやいやいや!(笑)」と恐縮する場面もあった。

 

 image

最後、アンコールでは研修生時代のトレードマークである「水色のベレー帽」を被って登場。

この日初披露された新曲『ライとも』で手を繋いだり、肩を抱いたりしながら、チーム・負けん気の東京公演の幕を閉じた。